Specialized Diverge Evo (フラットバー)を見た海外サイクリストの反応が面白すぎる…でもこれカッコいいよ!

スペシャライズドのグラベルロード、Diverge(日本では「ディバージュ」と呼ばれていますが英語圏での発音は「ダイバージ」が近い)。この2021年モデル、タイアクリアランスやジオメトリが大幅に刷新され、Future Shock 2.0というフォークコラム内蔵サスペンション(油圧式)を搭載したりと話題なのですが、このDivergeにまもなく「EVO」と呼ばれるフラットバー・バージョンが登場します。

公式 Diverge Expert E5 EVO | Specialized.com
公式 Diverge Comp E5 EVO | Specialized.com

DIVERGE EXPERT E5 EVO / DIVERGE COMP E5 EVO

本記事執筆時点ではスペシャライズド・ジャパンのサイトには掲載されていないのですが、DIVERGE EXPERT E5 EVOとDIVERGE COMP E5 EVOの2モデルが北米の本家サイトで確認できます。下はDIVERGE EXPERT E5 EVOで米国定価$2600。コンポはShimano XT 12 speedベースでブレーキはMagura MT4。

DIVERGE EXPERT E5 EVO

DIVERGE EXPERT E5 EVO © specialized.com

下位グレードのDIVERGE COMP E5 EVOには、調整可能な油圧ダンパーのFuture Shock 2.0ではなくコイル式のFuture Shock 1.5が搭載されています。コンポは11スピードのSRAM NXベースでブレーキはテクトロ。こちらは米国定価$1600となっています。

DIVERGE EXPERT E5 EVO

DIVERGE EXPERT E5 EVO © specialized.com

しかしそうしたパーツスペックよりも注意を惹くのがフラットバーハンドルであることは言うまでもありません! フラットバー・グラベルロード。

いやちょっと待て…

と思われた方も多いのではないでしょうか。

ハードテールMTBというものが… 前になかった…か…?

そして円環は閉じた…のか?

BikeradarがこのDiverge Evoについて下の動画で紹介しています。

そのコメント欄がなかなか面白いことになっています。

  • そして円が完成したわけだ。このグラベルバイクにフロントサスペンションを付けてみてもいいかな?
  • なるほどこれはマウンテンバイカーと思われたくないローディーのためのマウンテンバイクか
  • 2022年:Specialized DivergeはMTBになります

やはり海外にも同じような感想を持った人が多かったようですwww

このDiverge Evo、スペシャライズドのサイトでは”Gravel”(スペシャライズド・ジャパンでは「アドベンチャー」と訳されています)カテゴリーに分類されているのですが、Bikeradarは上の動画で「この自転車は新しいカテゴリー名が必要なんじゃないか。みんなどんな名前がいいと思う?」と問いかけています。

するとコメントが寄せられました。

  • もう名前あるだろ。マウンテンバイクっていうんだよw
  • クロスバイクです
  • 10年前これはクロスバイクと呼ばれていました…古いワインを新しいボトルに入れたわけです
  • これは非常に高価な安物のマウンテンバイクです
  • グライブリッド(=gravel + hybrid)とかどうですか。いや、それか90年代のMTBとか
  • フルリジッドMTBです。もしくは他の誰かがもう書いてると思うけど、非常に高価な安物のマウンテンバイク
  • カフェ・グラベル
  • ハードテール・マウンテンバイク?
  • マウンテンバイクか? マウンテンバイクだ! いや、ただのマウンテンバイクだ!
  • これはCannondale F3000といいます

等々、皆さん半分冗談でネタコメントを投稿しています。

中にはやはりこんなもんマーケティングから生まれた必要のない自転車じゃないか、という意見もあるのですが、個人的にはフラットバーのこのDiverge Evo、ちょっと気になるバイクです。

Future Shockは場所が場所だけに普通のフロントサスペンションと違って作動中にジオメトリが変わらないじゃないですか。しかも2.0は油圧式で手元で調整できるのもおもしろそう。

タイヤ最大クリアランスは700×47, 650Bx2.1と十分以上。これより太いタイヤを使いたかったらMTBだし、もっと立派なサスペンションを使いたくてもMTBにすれば良いわけですが、このDiverge EVO、重量情報はないですがハードテールMTBよりもずっと軽いはず。ギリ輪行もできるんじゃないでしょうか。

ドロッパーシートポストが付属しているのも魅力的。それにアルミフレームっていうのもいいです。これはすごく試乗してみたいバイクです。

この記事を書いた人