Wahoo KICKRの2020年モデル(KICKR 20)が登場 少しだけ横に動く「AXIS Feet」を搭載

WahooのスマートトレーナーKICKRが2年ぶりに更新され、2020年モデルが発表されました。モデル名はWahooサイトではKICKR 20となっていますが、バージョン5なので海外ではKICKR V5と呼ばれたりもしています。

Wahoo KICKR 20

KICKR 20 © Wahoo Fitness

公式 Bike Trainers 2020 – KICKR 20 | Wahoo Fitness日本
参考 2020 Wahoo KICKR is announced

KICKR AXIS Feetが追加

上の参考リンク先のRedditには有名ブロガーのGPLamaがスレッドを立てています。それによるとKICKR 2020での主な変更点は以下。

  • パワー測定精度は +/-1% に改良(KICKR 18は +/-2% )
  • スピンダウンの必要がなくなった(セルフキャリブレーション。勝手に補正してくれる)
  • KICKR AXIS Feetが追加:横から横の動きを少しだけ得られる。あまり大きい効果はないが「固いフロアに対してフレンドリー」な仕様である。このAXIS FeetはこれまでのKICKRでも使用可能
  • KICKR DIRECT CONNECTポートが追加され将来的に有線での接続オプションが増える
  • 価格は据え置きでKICKR 18と同じ

最大の注目点は自然な横揺れが得られる「AXIS Feet」の搭載。左右への可動角は5°。ただし実際に使用したGPLama氏によるとこれはものすごく揺れる機能ではなく、ちょっといい感じに揺れるw 程度のものらしいです。それでもありがたいグレードアップですね。

左右に動いている様子は下の動画で見ることができます。

さらに良いニュースは、このAXIS Feetは単体売りもされるらしくこれまでのKICKR Smartでも使えるそうです。しかしKICKR COREとKICKR SNAPには対応しません。近日発売、国内価格は¥9,299です。

AXIS Feetを使用することによって疲労が軽減され、より長時間のトレーニングが可能になる、とWahoo公式サイトには書かれています。

最大2,200ワットまで対応。DIRECT CONNECTポート(RJ11)は今後オプションアクセサリーが発売され、より安定した通信を求める人には重宝されそうです。

ところでAXIS Feet、グロータックのブルカットと一緒に使えるのだろうか… AXIS Feetのほうが底面が大きいように見えるので微妙かな?

この記事を書いた人