シューズ

SIDIがかなりオシャレなグラベルシューズを発表 購入不可避

モーターサイクリストにも高い人気を誇るイタリアン・シューズブランド、SIDI(シディ)。このブランド名は1960年に同社を創業したDino Signori(ディーノ・シニョーリ)氏の名前の最初の2文字を取って生まれました。

そのSIDIがグラベル専用シューズを発表。これがとってもカッコいい!

公式 MTB Gravel – Sidi.com

爪先にスパイクのオプションも

アッパーは耐久性の高い「ポリテックス・スウェード」。これは以前レビューした、私も愛用しているSD15と同じ素材です。ポリテックスは異なる物理特性を持つ素材を複数のレイヤーで重ね、ポリ塩化ビニルと組み合わせたもの、とあります。実際に触ってみるとスウェードよりもややツヤツヤしていていますが、質感はとても良いものです。

SIDI Gravel Shoes

SIDI Gravel Shoes © SIDI

カラーはブラック/ダークグリーンとブラック/ブラウンの2色。ダイヤルもSD15などと同じTechno 3です。シューズ外側の内側(ややこしくてすみません)には多めのベンチレーション・ホールがあり、外側は控え目です。通気性の良さと耐久性、両方を意識していることがうかがえます。どちらかというとレース志向のシューズですね。

SIDI Gravel Shoes

SIDI Gravel Shoes© SIDI

ソールはMTBコンペティションというタイプで、歩行性を重視しまくったSD15と比べると少しだけライト目なパターンになっているように見えます。とはいえこれでも相当歩きやすそうです。また爪先付近にプラスネジが2つ見えますが、ここにオプションのスパイクを装着できるので泥の多い道では活躍します。全体的に泥はけが良さそうで、シクロクロスでも活躍してくれそうです。

SIDI GravelとSD15のソール比較

SIDI GravelとSD15のソール比較

SD15と比較すると、Gravelのほうがベンチレーションが多いだけでなく内側にメッシュもいくつかあるそうです。

SIDI SD15

SIDI SD15はベンチレーションがやや少な目

MTBより長時間・長距離のグラベルライドはGravelのほうが恐らく快適でしょう。あとGravelはベルクロがないところが少しロードシューズの雰囲気も残していてカッコいいです。

サイズは38-39-40-41-42-43-44-45-46-47-48で、39.5-46.5まではハーフサイズあり。重量情報はありませんが、当然SD15よりは軽いはず。北米定価は$239.99。私がSD15を買った時は¥18,385だったので、これもほぼ同じ値段になるような気がします。

ものすごくオシャレなデザインで個人的にも欲しいシューズです。ミニマリストなウェアにもバッチリとマッチすることでしょう。国内流通が待ち遠しいですね。オフロードシューズはSD15で間に合っていますし、SIDIのシューズはやたら長持ちするので買い増す必要もないのですが、このグラベルシューズは買ってしまうかもしれません。

おすすめのシューズ関連記事:

SIDI SD15 ペダリングよりも「歩き」を重視したオフロード対応サイクリングシューズ
SPD用、というか2穴クリート用シューズ、SIDI SD15を手に入れました。これはReClimberさんのCBNレビューで存在を知って、すごく良さそうだなあとずっと気になっていたのでした。とにかく歩きやすいらしいんです。 カ...
SHIMANO RP1をSPDで試してみた感想【SPD-SL&SPD両対応のベストセラーシューズ】
ベストセラー商品の実力を検証するコーナーです。今回はAmazonのメンズサイクリングシューズカテゴリーで長らく1位の座に付いているシマノのロードシューズ「RP1」をレビューしてみます。 このシューズはSPD-SLとSPD両対応ですが、...
著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました