Amazon 63時間タイムセール開催中!
ウェア関連

OAKLEYがアイウェア対応スポーツマスクMSK3の国内販売をスタート 高性能でポストアポカリプスな雰囲気

OAKLEYがスポーツマスクMSK3の国内販売を開始しました。オークリーオンラインストアでは現在売り切れ中ですが、販売価格は税抜き¥8,600となっています。ぱっと見た感じ、ポストアポカリプス(終末世界的)なデザインでインパクト大ですが、果たして機能や性能はどんなものでしょうか。

© oakley

公式 Oakley MSK3 – Black – AOO0036AC__000001 | Oakley JP Store (Oakley  Japan)

N95マスクに近い性能

MSK3はタイプの違うフィルターが2枚付属します。下限0.3ミクロンまでの粒子を95%以上防御可能な使い切りの高性能フィルターと、もう1つはより通気性が高く再利用可能なフィルターです。これらのフィルターはいずれも別売りで追加購入が可能。

© oakley

コロナウイルスのサイズは0.08~0.16ミクロンと言われていて、0.3ミクロンまでのフィルタリングでは意味がないのではないか? と思われるかもしれませんが、医療用のN95マスクも0.3ミクロン以上の微粒子を95%以上遮断する、という点では同じスペックです。

コロナウイルスのサイズが0.3ミクロン以下であっても、多くの場合は水蒸気などのより大きいものに付着して浮遊・飛散するためN95レベルのマスクでも実用になる、と言われています。

しかしOAKLEY MSK3はN95対応を公式に謳っていないのでその点はご注意下さい

サングラスや眼鏡が曇りにくい

フィルター以外のスペックとしては耳掛けバンドはラバー式で長さ調節可能。ノーズブリッジはアルミニウムバーとシリコンガスケットを組み合わせたもので、フィット感を調整できます。なおサイズは大人用ワンサイズのみです。

またアイウェアチャネル(溝)があることでレンズが曇りにくくなっているそうです。内部空間も広く取られていて呼吸はしやすそうに見えます。

米国定価は$60(本日レートで約6300円)なので、国内価格は正直少し割高な感じはします。なお使い捨てタイプの高性能フィルターは3枚セットで米国定価10ドル、国内定価は税抜1400円となっています。

パールイズミのサイクリングジャージ素材のマスクなどに比べると、性能が圧倒的に高いので高価なのは致し方ないところですが、サイクリングでの使用感がなんとも気になるところ。入手可能になったら筆者も使ってみる予定です。

パールイズミのマスクは大きい飛沫を極力減らすためのエチケット的なものとしては大変優秀なスポーツマスクだと思います。

上のパールイズミMSK-03ベンチレーションマスクについては下の記事でレビューしてあります。宜しければお読み下さい。

パールイズミのベンチレーションマスク「MSK-03」を試す【自転車マスク3部作・完結編か】
パールイズミから最新型のマスク「MSK-03」が発売されたので早速入手して使ってみました。同社製のマスクとしては春に「MSK-01」が、夏により通気性の高い「MSK-02」がリリースされましたが、今回の「MSK-03」はどのような進化を遂げ...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました