Amazon 63時間タイムセール開催中!
コンポーネント

シマノ新型デュラエースR9250リアディレイラーのマニュアルが公開 通信機能はリアが司る?

シマノが米FCC(Federal Communication Commission: 連邦通信委員会)に申請していた「ワイヤレスデバイス」の認証文書のうち、非公開だった部分が7月26日に情報解禁されて見られるようになりました。その中には新型デュラエースの「R9250」と思われるリアディレイラーのユーザーマニュアルが含まれています。

充電ポートとモードスイッチを搭載

下がDi2 R9250と思われるリアディレイラー。注目は「充電ポート」と「モードスイッチ」。これで充電にジャンクションボックスは不要となりました。様々な機能が持たされている「モードスイッチ」も搭載されています(後述)。

R9250の外観

下は充電ポートの拡大図です。

充電ポートの拡大図

ちなみにこのワイヤレス通信リアディレイラーの動作周波数は2.4GHz。動作気温は-10℃〜50℃。、充電気温0℃〜45℃。通信方式はANT+ / Bluetooth LEです。

モードスイッチの詳細

次にモードスイッチの詳細です。シングルクリックするとバッテリーレベルをチェック可能。ダブルクリックでシフトモードを選択します(後述)。また一定の時間モードスイッチを長押しすることで、Bluetooth LE・調整モード・スイッチペアリングモード(ケーブル接続時のみ)に入れるようになっています。

オペレーションモードの切り替え

ダブルクリックで変更できるシフトモードには、マニュアルシフト(青LED)、シンクロナイズドシフト1(青LEDが2回点滅)、シンクロナイズドシフト2(青LEDが3回点滅)の3つがあります。

シフトモードの選択

バッテリーレベルの表示は4段階。0.5秒以下で素早くシングルクリックすると、残量51-100%なら緑、26-50%なら緑点滅、1-25%なら赤、0%ならOFF、となっています。

バッテリーレベルの表示

通信するのはリアディレイラーのみか

最後に「ワイヤレス通信機能について」というセクションを見てみます。赤で囲ったところに興味深い情報があります。このリアディレイラーは「フロントとリアのギアポジション情報」と「Di2バッテリーレベル情報」、「デュアルコントロールレバーのバッテリー残量情報」と「アジャストモード情報」をサイクルコンピューターに送信できる、とされています。

通信内容

米国で無線通信製品を販売するために必要となるシマノの認証申請文書には、これまでのところフロントディレイラーと思われる内容は含まれていません。また上の「フロントとリアのギアポジション情報」という箇所から考えると、リアディレイラーが全ての情報を収集して通信を司る「ブレイン」となることが考えられそうです。

さて新型デュラエース、正式発表はブエルタ・ア・エスパーニャ頃でしょうか(現在では9月発表説が濃厚)。発表されても今年中の入手は難しいと言われていますが、楽しみに待ちましょう。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました