Kindle本 5冊購入で10%ポイント還元中
ホイール

Classified Powershift(ワイヤレス内装2段変速ハブ)搭載の完組ホイールがホイールブランド7社から登場する

ワイヤレス内装2段変速リアハブの「Powershift」システムを手掛けるベルギーのClassifiedがメジャーなホイールブランド7社とパートナーシップを締結したとEurobike 2022で発表しました。米Bicycle Retailer等、海外メディアが報じています。

Classified Powershiftは簡単に言うとフロントディレイラー・チェーンリングの役割をリアハブに内蔵したもの。ハブ側のスマートアクスルは充電式で(フル充電で3〜6ヵ月動作)ハンドル等に装着するリモコンはCR1632電池を使用(少なくとも1年間持続)。見た目は1x・中身は2xという自転車を組めるようになります。2年ほど前から各所で話題を集めています。

出典 Classified works with wheel brands and adds hub-only option
公式 Classified Cycling

ハブ単体販売も

これまでClassifiedのハブ及び変速システム一式は自社製完組ホイールとしてのパッケージ販売しかありませんでしたが、今後は次の7ブランドからこのPowershiftシステムを搭載したホイール(ロード・グラベル・MTB向け)が発売されることになるそうです(フロントホイールは各社のハブ)。

  • DT Swiss
  • Mavic
  • Fast Forward
  • Enve
  • Reynolds
  • Boyd Cycling
  • Spinergy

具体的な製品や発売時期・価格等は不明ですが「Mavic Cosmic SL 45 Poweshift版」のようなホイールが今後は流通するわけですね。これに加えてPowefshiftハブキットのパッケージ販売(スマートスルーアクスル・リモコン・カセット)も開始するとのことなので、手組みもできるようになります。勿論Classfiedブランドのホイールセットも継続します。

ちなみにClassifiedのハブでは同社製の専用カセットを使用する必要があります(シマノ・スラム11/12スピードRD対応のカセット11-27から11-34Tまでをラインナップ)。それでもこれらのメジャーなホイールメーカーからClassified Powershiftを組み込んだホイールが出ることで、価格にもよると思いますがシェアは一気に広がりそうですね。

海外メディアを観察していても、1x以外にはありえないけどクロスレシオがまだ十分ではない、と感じているライダーには大きい好感を持って受け止められているようです。価格が下がってきたらロードサイクリストでも1xに移行する人が増えそうですし、そうなるとシマノにとっては脅威になったりするのでしょうか。SRAMが買収に動いたりして…

▼ 過去のClassified関連記事

ベルギーのClassifiedから1xでも2xのギアレンジを実現するワイヤレス内装変速ハブが登場予定
ベルギーのClassifiedというメーカーが内装変速ハブを開発しています。しかもグラベルロード愛好者にはかなり注目を集めそうな製品です。 Ridley Kanzo Fastのプロトタイプに… まずは下の画像をご覧下さい。これは...
Classified Power Shift(2スピード・ワイヤレス内装変速)搭載の完組ホイールが登場 気になる価格は?
今年の8月にお伝えした「2スピード・ワイヤレス内装変速」システムのClassified Power Shift。リアハブが2スピードのギアボックスになっており、ワイヤレス通信でコントロールするスマート・スルーアクスルで変速するという仕組みの...
内装2段ワイヤレス変速ハブのClassified Power Shiftが12スピードカセットに対応
ワイヤレスで動作するハブ内装の2段変速システムで昨年話題になったベルギーClassified社のPower Shift。下の2つの記事で紹介しましたが、現行の11スピードカセットに加え、12スピードカセットもリリースされました。Bikeru...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました