フレーム・完成車

DECATHLON VAN RYSEL GRAVELはシマノGRX 1x組みのガチ仕様ファスト・グラベルバイク

フランス発の超大型総合スポーツブランド・DECATHLON(デカトロン)が新たにグラベルバイク「DECATHLON VAN RYSEL(ヴァンリーゼル) GRAVEL」を海外で発表しました。

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL © DECATHLON

同社は今年の5月にも「TRIBAN」というサブブランドから「RC 120 GRAVEL ADVENTURE」というグラベルバイクのエントリーモデルを発表していますが(紹介記事)、今回はShimano GRX組みのガチ仕様です。果たしてどんなスペックなのか。そしてやはりデカトロン価格なのか。早速見て行きましょう。

公式 VELO GRAVEL EDR OFFROAD VAN RYSEL GRX 1X Van rysel | Decathlon

本記事では紹介していませんが、VAN RYSEL by DECATHLONからは他にもシクロクロス・モデルも同時に発表されているので興味のある方はこちらをチェックしてみて下さい

Shimano GRXミックスの1xでホイールもGRX

このVAN RYSELはデカトロンのハイエンド・バイクのラインナップで、設計と組み立ては北フランスのリールで行われます。先に紹介したTRIVAN RC 120 GRAVEL ADVENTUREは駆動系がMICROSHIFT、ブレーキがPROMAXの機械式でしたが、このVAN RYSEL GRAVELはシマノGRXミックスです。

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL © DECATHLON

以下、基本スペックです。シフターのみシマノ105相当のGRX600ですが、あとはアルテグラグレードのGRX800が中心。当然ブレーキは油圧式になります。ホイールもGRXです。カセットとチェーンはそれぞれコストを抑えたものをチョイス。

  • シフター:Shimano GRX600
  • ブレーキ:Shimano GRX (Front 160mm/Rear 140mm)
  • リアディレイラー:SHIMANO GRX 810
  • チェーンリング:SHIMANO GRX 800 42T
  • チェーン:KMC X11
  • クランクセット:SHIMANO GRX 800 42T (170 mm, 172.5mm, 175mm)
  • カセット:SHIMANO SLX 11/42
  • ホイール:Shimano GRX
  • タイヤ:HUTCHINSON BLACK MAMBA tubeless ready 700×38
  • ハンドル:VAN RYSEL ALUMINIUM 12°フレア
  • ステム:VAN RYSEL ALUMINIUM
  • シートポスト:VAN RYSEL ALU 31.6 / L 350 mm
  • サドル:FIZIK ANTARES

フレームとフォークはカーボンですが詳細は不明。フレーム重量は1020g(サイズM)。フォークは340g。完成車重量はペダルレスで8.8kg(サイズM)となかなか悪くない数字。

ジオメトリも見てみます。おお〜、さすがデカトロン! BBドロップが書いてない! ホイールベースとチェーンステイ長を見るとグラベルバイクとしてはどちらかというと短めでしょうか。旅系ではなく快走系グラベルですね。クリアランスが700x38mmまたは650x42mmなので、それを考えてもやはりレーシーなタイプでしょう。

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL © DECATHLON

ケーブルも内装式でラックやフェンダー用のアイレットはまったくないように見えます(公式サイトにもそれらがあるとは書かれていません)。

下はデカトロン公式YouTubeチャンネルから。よく耳にするBGMですが走行シーンはイメージしやすいですね。なおライダーはデカトロンがスポンサードするチーム、VAN RYSEL – AG2R LA MONDIALE U19の若い選手たちのようです。

GRAVEL BIKE VANRYSEL DECATHLON

気になる価格は…

さてこのかなり本気っぽいVAN RYSEL GRAVEL。お値段はいくらかというと…

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL

DECATHLON VAN RYSEL GRAVEL © DECATHLON

欧州価格が2000€なので、約25万円です。こ、これは… スペックを考えるとた、高くも安くもない…!! という微妙な値段。ですが、フレームやフォークの素性が良いのならコストパフォーマンスは高いのかもしれません。乗ってみないとわからない… いや、サーベロ・アスペロのようなバイクを考えればやっぱり安いか。安いですよね。

このバイク、フランス本国では既に入手可能でデカトロンのサイトから購入できますが、日本デカトロンのサイトにはまだ掲載されていません。

デカトロンは昨年2019年3月に西宮店が、今年2020年の5月には千葉県の幕張(イオン幕張)に直営店がオープンしましたが、こうしたハイエンドバイクも是非展示してもらえると嬉しいですね。

著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました