フレーム・完成車

デカトロンが北の地獄対応のチタングラベル「GRVL Ti 900」を発表予定 フレームはデダッチャイ製造

フランス北部のリールに本拠を置く総合スポーツ大手・デカトロン。ここ最近TRIBAN RC 120 GRAVEL ADVENTUREVAN RYSEL GRAVELといったミドルレンジ〜ハイエンドのグラベルバイクを続々と発表していますが、新たにフルチタンフレームの「GRVL Ti 900」を準備中であることが明らかになりました。

Decathlon GRVL Ti 900

© decathlon

動画 VELO ROUTE TITANE DECATHLON //L’HERITAGE
動画 VELO GRAVEL TITANE TRIBAN // Episode 2 “L’EXPERTISE”

GRVL Ti 900 デダッチャイと共同開発

公式YouTubeチャンネル「DECATHLON CYCLE」で2本のティーザー動画が公開されており、そこで開発の経緯などが語られていますが、2005年にAG2Rをスポンサードしていた時のチタン・カーボンバックモデル「Decathlon 9.5 Titane」をベースにしているそうです。しかし今回はカーボンバックではなくフルチタン(フォークはカーボン)。

Decathlon GRVL Ti 900

© decathlon

コンセプトは「究極のコンフォート」。動画には「北の地獄のためのバイク」という文言がありますが、リールというフランドル・フランセーズの地の利がテストに活かされているようです(開発者はパリ=ルーベを2度走ってみたのだとか)。2005年当時の北のクラシックレースでは快適性の高いカーボンバックのチタンが理想的だったとのこと。また当時と同様、チューブは1992年創業・イタリアのヴェネト州に拠点を置くチューブメーカー、デダッチャイが製造。

モデル名は「GRVL Ti 900」になると見られ、ジオメトリは未詳ですがドロップト・シートステイ、トップチューブは爪先とタイヤのクリアランス確保のため長めに設定、ヘッドチューブアングルは全サイズで71.5mm。ケーブルは内装式、エンドは当然スルーアクスル。

Decathlon GRVL Ti 900

© decathlon

ホイールは700Cと650B両対応で、タイヤクリアランスはそれぞれ45mmと50mm。近日中に正式発表される見込み。

デダの工場で仕上げられたフレームをリールで完成車に組み立てます。動画ではシマノのメカニカルGRX 1x、フルクラムのホイールにユッチンソンのタイヤをはかせているのが見えます。市販モデルがこのスペックになるかは不明ですが、デカトロンらしからぬ(?)プライスタグの高級モデルになるのは間違いなさそうです。

デカトロンのバイク自体にあまり興味がない方でも、デダッチャイファンの方は気になるフレームではないでしょうか。

関連記事:

デカトロンまでグラベルロード!TRIBAN RC 120 GRAVEL ADVENTUREの仕様と価格は?
気が付くとあの激安スポーツ用品ショップのデカトロンでグラベルロードが販売されています。「TRIBAN RC 120 GRAVEL ADVENTURE BIKE」というモデルです。しかし今のところ同社の英国サイト、フランスサイトなどに掲載され...
DECATHLON VAN RYSEL GRAVELはシマノGRX 1x組みのガチ仕様ファスト・グラベルバイク
フランス発の超大型総合スポーツブランド・DECATHLON(デカトロン)が新たにグラベルバイク「DECATHLON VAN RYSEL(ヴァンリーゼル) GRAVEL」を海外で発表しました。 同社は今年の5月にも「TRIBAN...
著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました