フレーム・完成車

Bombtrackが「Hook EXT Ti」を発表 チタン・グラベルが流行の兆し?

主にスチールのアドベンチャー系バイクやトラックバイクで欧州では高い人気を誇るジャーマン・ブランド、Bombtrack(ボムトラック)がチタングラベル「Hook EXT Ti」を発表しました。

Bomtrack Hook EXT Ti

© Bombtrack

出典 2021 Hook EXT TI – Bombtrack
出典 2021 Bombtrack Hook EXT Ti gravel bike extends your adventure in timeless titanium

同社は既存のHookオールロード・クロスやグラベルよりもクリアランスを拡張したEXTが成功を収めたため、より速く軽量なカーボン版「Hook EXT-C」を発表していました。その後はサスペンション付きの「Hook ADV」も手掛けましたが、今回はEXTに立ち戻り、贅沢なチタンで生まれ変わらせることにしたそうです。

以下、主要な情報をなるべく読みやすくまとめてみました。

1xでも2xでも行けるグラベルフレーム

Bomtrack Hook EXT Ti

© Bombtrack

  • フレームは台湾製で3AI-2.5Vチタン
  • フレーム重量はLargeのリアアクスル・ディレイラーハンガー込みで2060g。フォークは未カットで600g
  • アイレット(ダボ穴)は潤沢にありマッドガード・キャリア対応。トップチューブにもフォークにもあり
  • フォークはフルカーボンのEXT V2。ハブダイナモ用ルーティングが用意される
  • フレームの大部分はラウンドチューブだが、トップチューブはわずかに平らでチェーンステーはS字型にベンド。ヘッドセットは1.5インチテーパード
  • ケーブルはほぼ内装式
  • フレームもフォークも12mmスルーアクスル
  • BBは86.5mmのスレッド式T47を採用
  • フラットマウントディスクブレーキ用で対応ローター径は140mm/160mm
  • ディレイラーハンガーにはSRAM UDHを採用
  • フロントディレイラーは電動・メカニカル両方のルーティングに対応するが31.8mmバンド式なので1xのほうが見栄えは良いだろう
  • チェーンリングはロードコンパクトの50x34Tまたは1x44Tまで使用可能なクリアランスがある
  • 電動でもメカニカルでも1xでも2xでも使えるようにケーブル穴は充実
  • クリアランスは公式には700x40c/650×52となっているが写真では21.6mmのStan’s Grailカーボンリムに42cタイヤをはかせているので、Shimano GRXフロントディレイラーを使ったとしても少し余裕がありそうだ
  • ジオメトリは2.0インチの650bタイヤを基準に考えられているが650×52と700x40cは基本的にはほぼ同じ外径だ
  • シートクランプ径は31.8mmでシートポスト径は27.2mm
  • 現在のところフレームセットのみでの販売
  • サイズはXSからXLまで5サイズが用意され、価格はカーボンフォーク込みで$3,500 (3,000ユーロ)※ドルベースで約36.6万円
  • 2021年モデルは50セットのみの販売となり、ファーストバッチは来月から店頭に並ぶ
HOOK EXT TI *frameset (2021)

※動画で見えているTuneのチタンシートクランプなどは付属しないそうです。こうやって見るとアルマイト系パーツと合わせるとコーディネートが楽しそうですね。

チタン・グラベルバイクが来つつある?

チタン製のグラベルバイクと言えば先日、下の記事でデカトロン「GRVL Ti 900」についてお伝えしたばかり。これはTwitterでかなり反響がありましたが、今後各社からチタン製のグラベルバイクが続々と登場するのでしょうか。

デカトロンが北の地獄対応のチタングラベル「GRVL Ti 900」を発表予定 フレームはデダッチャイ製造
フランス北部のリールに本拠を置く総合スポーツ大手・デカトロン。ここ最近TRIBAN RC 120 GRAVEL ADVENTUREやVAN RYSEL GRAVELといったミドルレンジ〜ハイエンドのグラベルバイクを続々と発表していますが、新...

考えてみれば多少の重量はあってもスチールに独特のしなやさかや粘りを加味したチタンは(チタンもいろいろで一概には言えませんが)、バイクパッキング系のグラベル・アドベンチャーバイクとの相性は良さそうですよね。お値段はそれなりにしますが、このBomtrack Hook EXT Tiの仕様であれば一生乗り続けられそうです。

ただ、Bombtrackは日本でも流通していると思いますが、Hook EXT Tiの来年分は50セット限定とのことで入手自体はかなり困難かもしれません。

著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました