Kindle本 5冊購入で10%ポイント還元中
ホイール

HUNT 42 Limitless Gravel Discは横風にも強い最速のエアログラベルホイール しかし注目すべきは…

イギリスのホイールブランドHUNTが新しいグラベルホイールを出しました。その名も「42 Limitless Gravel Disc」。42mmディープのエアロ性能を追求したグラベルホイールです。近似スペックの競合製品との風洞実験で最速、という結果を出しました。

HUNT 42 Limitless Gravel Disc Wheelset

© HUNT

史上最速!とか風洞実験でこの条件で○ワット削減!とか、もう飽きた。という方も多いかもしれませんが、このホイールはコスパが非常に良いように思います。また風洞実験についてはHUNTがホワイトペーパーを出しているのでテストの目的や結果の算出方法がわかります。興味がある方はどうぞ(下の2つめのリンクです)。

公式HUNT 42 Limitless Gravel Disc Wheelset – Hunt Bike Wheels International
公式 AERODYNAMIC PERFORMANCE OF THE HUNT 42 LIMITLESS GRAVEL DISC WHEELSET
参考 Hunt’s aero 42 Limitless Gravel wheels are faster in the wind tunnel… and off-road! (Bikerumor)
参考 Hunt’s new 42 Limitless Gravel Disc is a mixed-terrain race wheel

最大で0.12Wの削減!

主要スペックは以下。

  • 同クラスの競合製品よりも最大で0.12Wの削減・ノンエアロなグラベルホイールに対しては16.8W削減
  • リムはT24/T30カーボンで38-42mmのグラベルタイヤに最適化されている
  • Uシェイプで内径25mm・外径36mmでフックあり。ETRTO準拠
  • チューブレス・クリンチャー両対応で最大54cまで使用可
  • ハブは7.5° FastEngageアロイ・スプリントシリーズ。48ラチェット
  • スポークは楕円翼形状のストレートプルでニップルはアロイ
  • センターロック・12mmスルーアクスル・クイックリリース対応でシマノ・Campagnolo N3W・SRAM XDとXDRを選択可
  • 低摩擦・オフロードレディコーティングのCeramicSpeedベアリングを使用(スチールボールより75%頑丈)
  • 公称重量は1548g
  • チューブレステープ・バルブ・予備スポーク・スポークレンチ・指定したアクスルアダプターと6ボルトローター用アダプター付属
  • 生涯クラッシュ・リプレイスメント保証付き(ファーストオーナーのみ)
  • 出荷は2021年1月の第2週で現在予約受付中
  • 価格は¥169,155(※記事執筆時レート。$1619/£1289/1489€)

この42 Limitless Gravel DiscはZIPP 303 NSWとENVE 3.4 AR SESを比較対象に風洞実験が行われました。その結果、それらの競合ホイールよりも横風に強くステアリングモーメントが少ないことがわかります。Schwalbe G-One 38mmタイヤを使用した32km/hでの実験では、ZIPP 303 NSWより0.05W、ENVE 3.4 AR SESより0.06W平均抵抗が少ない(ヨー軸を変化させるテスト)という結果に。

AERODYNAMIC PERFORMANCE OF THE HUNT 42 LIMITLESS GRAVEL DISC WHEELSET

AERODYNAMIC PERFORMANCE OF THE HUNT 42 LIMITLESS GRAVEL DISC WHEELSET

また上のテスト結果をベースに321kmを32km/hで走るとしたら、HUNT 42 Limitless Gravelを基準とした場合、ZIPP 303 NSWは5.57秒、ENVE 3.4 AR SESは13.07秒のタイムを失うことになります。

HUNTは低価格でサポートも良いのが魅力

0.12Wの違いなんか誤差だ! ていうか俺、グラベルで321kmのレース走らないし! 32kmなら走るけど! という方も多いかもしれません。

しかし16.9万円というプライスタグは非常に魅力的です。今回テスト対象となったZIPP 303 NSWディスクは海外通販最安値でも約29万円ほど、ENVE 3.4 AR SESは2,500ドル(26.6万円)くらいだと思うので、ほんのわずかではあるものの数字上それらよりも優れた成績を出したホイールが10〜12万円くらい安い、というのはなかなか立派。

あとHUNTはカスタマーサポートや保証がしっかりしているのが良い、という意見を海外掲示板でよく目にします。

私自身、MASON x HUNT 650B Adventure Sport Discというホイールを購入して愛用しています。下の記事で詳しく紹介していますが、納期は遅れたもののコミュニケーションは円滑で非常に良い印象を持ちました。

HUNTの650Bグラベルホイール、かなりいい感じ!
イギリスの手組みホイールブランド・HUNTの「MASON x HUNT 650B Adventure Sport Disc Wheelset」を購入しました。注文の仕方や到着までの日数などを先日下の記事で紹介してあります。 今...
HUNTでホイールを購入。注文手順・到着までの日数と消費税はどのくらい?
イギリスのホイールブランド、HUNT(ハント)。650Bのロードプラス対応ホイールを探している時に知り、下の記事で「これ、なんか良さそうだなー」と紹介しました。海外でも評価が非常に高いブランドです。 その後HUNTブランドは成...

予備スポークと6ボルト用変換アダプターが同梱されているところもなかなか親切。ZIPPもENVEも勿論魅力的ですが、こういうところも含めて考えるとHUNTはもっと注目されても良い選択肢ではないでしょうか。

HUNTホイールの付属品

筆者が購入したHUNTホイールの付属品

私のHUNT 650Bホイールはガツガツ乗っても未だに振れなし。振れても自分で振れ取りできるのも良いです。リムテープだけ少し弱く空気漏れがしたので別メーカーに換えましたが、それ以外はかなり満足しています。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました