コンポーネント

自転車ブランドのプロダクトマネージャーは既に新型デュラエースの情報を把握済み? ショップなら正式発表の2〜4週間前

3月23日のシマノ100周年記念にあわせて発表されると思われる新型デュラエース、R9200(※型番は仮です)。これまでに発見された特許文書や諸情報からはシフターからリアディレイラーまでがワイヤレス、リアディレイラーがマスターレシーバーとなり、RDとFDはメインバッテリーに接続される「セミワイヤレス方式」である可能性が濃厚になっています。

Shimano Dura-Ace 9100 © Shimano

しかしこの新型コンポーネントを完成車に搭載したり、路面店で発売するにあたっては、バイクブランドのマネージャーや販売代理店はずっと前に詳細情報を知っているはず。ではこうした情報は一般的に、どのくらい前に通知されるものなのでしょうか?

バイクブランドなら9〜12ヶ月前に把握?

海外掲示板Weight Weeniesでは最近、次のような会話がありました。

出典 Next generation of Dura-Ace Di2 – Weight Weenies

誰にも詳細を暴露して欲しいと言っているわけではないけれど、(シマノの)新型グループセットがほぼ確実に出るとするなら、もうそれを目にしていたり、写真やスペックのような決定的な詳細(口止めされているだろうけど)を見た人はいないだろうか?

「イエス」という答えだけでも十分です。「業界通」の人々がどのくらい前倒しで公式発表前に知っているのかを知りたいというのもあります。

これだけ強力な噂があるというのに、まだ誰もプロがトレーニングで使っているのかを見たことがないことに私は驚いています。

私の経験では、バイクブランドのプロダクトマネージャーは新しいグループセットの発表の9〜12ヶ月前に大体の詳細やスペックを把握しているはずですし、完成に近付くにつれてさらに詳細を把握するものです。

代理店はその新しいグループセットの最初のバッチに注文を入れるために、価格表やスペック、SKU(=Stock Keeping Unit 受発注や在庫管理のための最小管理単位)やその他の流通に必要な情報を6ヶ月前には入手しています。

その時点では3Dイメージだけを見られるだけかもしれません。路面店の場合、取引先担当者との関係にもよるでしょうけれど、大部分のショップは正式発表の2〜4週間前に最終的な情報を得ているはずです。

「バイクブランドのプロダクトマネージャー」として言わせてもらうが、物事がその通りに動くのは間違いないですよ。一つだけ付け加えるとしたら、その情報を入手する前には必ず秘密保持契約に署名しなければならないということです。

このやり取りに登場する「自称バイクブランドのプロダクトマネージャー」が本当にそういう仕事をしているのかどうかは定かではありませんが、仮にこれらの情報が正しいとした場合、トレックやスペシャライズドやジャイアントやピナレロといったビッグブランドのプロダクトマネージャーは、既に新型デュラエースの詳細スペックを知っている可能性が高いと思われます。

今月末にもショップに情報が伝わる可能性あり

また、販売代理店やそれらと親密度の高いショップも、遅くとも今月末頃には価格・スペック・SKU等の情報に接することになるのかもしれませんね。

もしお知り合いにバイクブランドのプロダクトマネージャーがいる方は、 首根っこ捕まえて奥歯ガタガタ言わせたら新情報をゲットできるかもしれません(秘密保持契約があったら絶対に喋れないと思うので本当にはやらないでくださいねw)。

著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました