Kindle本最大70%OFF(28日まで)
タイヤ・チューブ

コンチネンタルの新タイヤ「GP5000 S TR」がパリ=ルーベに実戦投入 同社初のフックレス対応チューブレスの可能性あり

Continental Grand Prix 5000 S TRはその後正式発表されました。スペック詳細等は下のリンク先の記事で紹介してあります
Continentalが「Grand Prix 5000 S TR」ロードチューブレスタイヤを正式発表
コンチネンタルから新型ロードチューブレスタイヤ「GRAND PRIX 5000 S TR」が正式発表されました。先日のパリ=ルーベ2021で数多くのチームが実戦で使用し話題になっていました。予想通りフックレスリム対応になっている点が最大の注...

(以下、製品発表前の記事)

コンチネンタルの新型チューブレスタイヤがパリ=ルーベ2021で多数目撃されました。特に製品名を隠すこともなく、タイヤサイドに「Continental Grand Prix 5000 S TR」という文字が見える写真が数多くSNS上で見られます。そしてこのタイヤ、同社初のフックレスリム対応のチューブレスタイヤに仕上がっているようです。CyclingTips等海外メディアが伝えています。

出典 Spotted: Continental has a new tubeless GP5000 and it's everywhere at Roubaix – CyclingTips

フックレスリムでの使用も目撃

以下、記事の抄訳・要約です。

  • パリ=ルーベ2021の事前偵察と本戦でコンチネンタルの新しいチューブレスタイヤが多数目撃された
  • Groupama-FDJ, Ineos Grenadiers, FDJ Nouvelle-Aquitaine Futuroscope, Movistar, Bahrain-Victoriusの選手は全員がこのタイヤを使っていた
  • Grand Prix 5000 S TRの「S」は通常版GP5000よりも転がり抵抗が低い高速版を意味するのかもしれない
  • TRが「Tubeless Ready」を意味するのは想像に難くないが、目撃されたタイヤのサイドには”Hooked Max(フックド時最大空気圧)”と”Hookless Max(フックレス時最大)”というスタンプが見える
  • MovistarはフックレスリムのZipp 303 Firecrestにこのタイヤをはかせている
  • サイズは少なくとも30mmと32mmが存在し、パリ=ルーベでは多くのライダーがフロント30mm・リア32mmで乗っていた
  • トレッドパターンはGP5000とさほど違っているようには見えないので、素材と内部構造が大きな違いかもしれない

▼ Groupama-FDJのTwitterではGP5000 S TRを製品名タグと共に紹介。効率・重量・耐パンク性能を最適化させたコンチネンタルの最新チューブレスタイヤ、としています。

最大の注目点はやはり「TR」。Tubelessの「TL」ではなくあえて「TR」としているからにはシーラント必須のTubeless Readyであるのは間違いないですが、加えてフックレスのZipp 303 Firecrestで使用されている点からは、コンチネンタルがフックド・リムにこだわることをやめたことが伺えます(フックレス非対応であればスポンサードチームにこの組み合わせでは使わせないでしょう)。

これまでコンチネンタルは「フックド・ビードのほうが安全」という立場を貫いてきましたが、これでフックレスがこれまで以上に主流になる可能性が出てきましたね。加えて、今回のパリ=ルーベでは大部分の選手がチューブラーではなくチューブレスを使用していた点も大きい話題になっています。

ちなみに2年前のパリ=ルーベでは、アレクサンダー・クリストフが25mmのチューブレスタイヤで苦戦しましたが、今年は30mm幅のチューブレスで走る選手が多かったそうです。

▼ チューブレス関連のおすすめ記事

ZIPPが低圧運用のフックレス・チューブレスを推す4つの理由を観察する【空力・重量・転がり・振動】
タイヤは太いほうが良い。何故なら転がり抵抗を軽減できるからだ。ーそんなことを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。実際、最近主流のロードバイク用タイヤは25〜28mmが下限になりつつあります。また以前より低圧で運用されるのが普通です...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました