Amazon ブラックフライデーセール開始!
フレーム・完成車

ブロンプトンが2022年モデルから命名規則をベンツ風?に刷新 3つのラインナップに統合

ブロンプトンが2022年モデルの発表に合わせ、命名規則を刷新しました。これまでの「Mシリーズ」や「Sシリーズ」といった括りから、基本的に「A Line・C Line・P Line」の3ラインナップに変更されます(※国内ではA Lineの販売はありません)。

Brompton C Line width=

© brompton.com

公式 Help me choose | Brompton Bicycle | Commuter Bike

基本は「A Line」と「C Line」

A Line

「A Line」はエントリーモデルで、2019年に海外発売された「B75」に相当します。カラーや変速を選べなかったり、一部パーツが簡略化(ペダル折りたたみ不可)・ダウングレードされているかわりに英国価格£850(日本円で13.4万円)という廉価版。しかしB75同様、国内販売の予定はないようです。

  • 変速:3スピードのみ
  • ハンドルバー:ミドルのみ
  • カラー:ホワイトメインフレームに末端部ブラック
  • マッドガード:なし
  • ライト:なし
  • フロントキャリアブロック:なし(別売)
個人的にはペダルが折りたたみできない点とフロントキャリアブロックが付属しないのは「なし」なので購入対象からは除外ですが、廉価版でさえ13万円台というのはやはり高価な小径車だなぁ、と思います

C Line

「C Line」は日本でも展開されるメインのラインナップ(選択可能なオプションやカラーは異なる場合があります)。変速やハンドルのタイプ、カラー等を選択できます。詳細は下の通りですが、かつての「Sハンドル」は「ローハンドル」という名称に変わりました。

  • 変速:2, 3, 6速から選択
  • ハンドルバー:ロー・ミドル・ハイから選択
  • マッドガード:あり
  • オプション:ラック・サドル(Brooks)・ダイナモ・ライト
  • C Line “Urban”は2速で、これまでのM2LとS2L相当
  • C Line “Utility”は3速で、これまでのM3L, M3R, S3Lに相当
  • C Line “Explore”は6速で、M6L, M6R, S6L, S6R, H6L, H6Rに相当

“Urban”(アーバン)は坂の少ない街乗り向き。”Utility”(ユーティリティ)は通勤通学・お買い物に便利。”Explore”(エクスプロア)は存分にライドを楽しむ人向け、という考え方になりますね。

▼ Bromptonがピッタリ収納できるIKEA DIMPAは保管時に便利でオススメ!

P Line, Electric C Line

他に一部パーツにチタンを採用したモデルが「P Line」(スーパーライトモデル)となり、英国では電動アシスト付きの「Electric C Line」もあります。

国内では「C Line」と「P Line」のみ

日本国内では「C Line」と「P Line」のみの展開です。この命名規則の変更、メルセデス・ベンツのそれに合わせてきた感じがする、わかりにくい、という声も海外掲示板では見られます。個人的には特にわかりにくい感じはしないですが(国内ならチタン版を除き、基本的にはどれも「C Line」のカスタマイズになる)、ブロンプトンオーナーの読者の方はどう思われるでしょうか。

筆者が現在所有している「S6L」は、自分でフェンダーを外して「S6E」仕様にしてありますが、これからは単に「C Lineをカスタマイズしたもの」と呼ばれることになりそうです。

Brompton BACKPACK 14L

お気に入りのバッグはBACKPACK 14L

▼ 最初のブロンプトンバッグとして筆者おすすめのBACKPACK 14L。背負えるので輪行時・移動時に特に便利(※マグネットスナップの受け側パーツが緩みやすいので、ロックタイトを塗ったほうが良いかも。開口部もやや開きにくいですが、総合的にはやはり使いやすいです)。

 
▼ BACKPACK 14Lについてはレビュー記事もあります。こちらも是非どうぞ!

ブロンプトン「Backpack 14L」は、最強のフォトポタバッグになれるかな?
おちこぼれ系自転車乗り、私、nadokazuです! えー、みなさんこんばんは。今日の駄文は…ブロンプトンの〜 「ヒガコツアー!」 「レビュー記事!」 「七不思議ー!」 「チャリご飯!」 「秘密!」 ...
BROMPTON初のバックパック Metro Backpack 14Lを試す 圧倒的な使いやすさに感動
ブロンプトン初のバックパック、 Metro Backpack 14L。今年の5月頃に発表されて以来ずっと気になっていたのですが、Sバッグもトートバッグもバスケットバッグもあるし、これ以上ブロンプトンのバッグ増やしても仕方ねーだろ、ブロのバッ...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました