ロード・グラベル・ホイールは
スイスの名店ベラチスポーツで

BELLATI SPORTを見る
フレーム・完成車

Dahon K3の14インチ純正カーボンホイールはマジすごいらしい【ミニネタ記事】

軽量コンパクトでありながら「かなりよく走る」ことで人気の14インチ折りたたみ小径車・Dahon K3。しかし小径車の宿命か、ヘビーユーザーからはホイール回りのトラブルも散見されます。当ブログでも昨日などかずさんがK3のスポーク折れ・リム割れについて寄稿してくださいました。

DAHON K3のホイールが割れちゃった!(泣)どうする?【小径車の宿命?】
突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“BUTSUYOKU"。 それは何年にもわたって何人もの諭吉を奪い、消耗していく戦いの始まりだった。 巨大なBUTSUYOKUと戦うため、人類が開発した特殊な兵器で戦うnadokazuです。 と...

記事中で氏はDahon純正の14インチカーボンホイール(前後ペアで税込み124300円)を購入しようかどうか悩まれていたのですが、実際に使用している方の投稿を海外掲示板で発見したので背中を押すべく(ウソ)ご紹介。

出典 Dahon K3 with all the bells and whistles! (unfolded and folded) – Reddit

カーボンホイールは何かすごいらしい

と言っても、発見できたのはお一方のみ。日本在住の方のようです。リンク元のRedditには写真が投稿されているのでそちらも一緒にご覧ください。

2ヶ月前に日本の地元ショップでDahon K3を買いました。今日そのお店でアップグレードパーツをインストールしてもらいました。新しいカーボンホイールは違いがマジすごい(ほとんど抵抗なく瞬時にスピードが上がります)。

エルノゴミック・ハンドルと、伸長式のマッドガード、クイック・カプラー付きのバレートラスも付けてもらいました。Aliexpressで見つけたリアラックは驚くほどよくマッチし、リアのリフレクターとフロントライト(写真には映ってません)はどちらも充電可能です。他のお店で買ったスマホホルダーと調整式のボトルケージも付けました。仕上げは電車に持ち込むためのスリップバッグ。

はじめての折りたたみ自転車として、K3には全体的に超ハッピーです!

いや〜、これはもう買うしかないでしょう! というのは冗談ですが、個人的には14インチということもあってか吊るし状態のホイールでも十分に軽いと思えるので、ハッキリ違いがわかるというのがすごいですね。ただ、耐久性がストックホイールと比べてどうなのかは気になるところ(剛性が高いカーボンリム・スポークだとしても14インチの負荷に耐えられるか)。

とはいえ、前後ペアで車体を超える価格はなかなか厳しいものがありますね…

▼ Dahon K3関連の記事を厳選してみました。カスタマイズ情報あるので、ご興味ある方はこちらも併せてどうぞ

Dahon K3に関する厳選記事のご紹介【大人気14インチミニベロ】
CBN BlogにあるDahon K3関連記事の中から、ご興味のある方向けに主なものをピックアップしてご紹介します。記事執筆者はなどかずさん(2021年モデル愛用 ※2022年モデルも同スペックで継続)及びマスター(2020年モデル愛用)で...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました