【本日終了】AmazonでFashionタイムセール祭り開催中です!
コンポーネント

SRAM Apex 1×12 XPLR/EAGLEはAXSに加えてメカニカルバージョンもあり!

CBN BlogはAmazonアソシエイトとして適格販売により紹介料を得て、良質なコンテンツの作成とサイト運営のために役立てています。当サイト内のリンク経由で Amazonにてお買い物 していただくと、大変助かります。ご支援ありがとうございます

SRAMが新Apexをリリースしました。1×12スピードのみでなんとメカニカルバージョンもラインナップされています。

SRAM Apex

© sram.com

出典 SRAM Apex is now 1×12 with Eagle, XPLR, AXS & Mechanical Options! (Bikerumor)
公式 SRAM Apex | SRAM (sram.com)

以下、Bikerumorの紹介記事から主だったところをピックアップ。

  • 1×12のみで、SRAMとしては初の12スピード・ダブルタップ・メカニカル・ロードグループが用意された
  • Apex XPLRとApex EAGLEが用意され、それぞれにAXSとメカニカル版がある(それぞれフラットバー用ブレーキレバーもあり)
  • カセットは11-44 XPLRまたは11-50 Eagleから選ぶ
  • カセットは標準的なHGハブに装着される(最小コグ11T)
  • ほぼ全てのパーツが他の同グループと互換性があり、新Apex XPLRはその他のXPLRパーツのどれとも互換性がある(Apex XPLR AXSディレイラーは10-44, 11-44, 10-36ロードカセットにも対応できる。ただしApex XPLRメカニカルは10-44と11-44のみに対応)
  • Apex Eagleのパーツはどれもがその他のEagleパーツ(T-Typeを除く)と互換性があり、AXSもメカニカルも10-52カセットに対応する
  • ブレーキはすべてフラットマウント
  • Apexクランクセットは基本的にはRivalと同じもので、グラフィックと仕上げが違い、OEではスチールチェーンリングもあるがアフターマーケット用はダイレクトマウントのアロイチェーンリング。Rival同様、パワーメーターオプションもある。スピンドルのみロード・MTB両方に対応できるより長いものが用意され、チェーンラインは47.5mmでより広いクリアランスを確保できる
  • フラットバー用のブレーキレバーも用意され、Eagle 12スピードMTBシフターと組み合わせられる(AXSでもメカニカルでも)
  • MTBカセットとディレイラーでマレット・ドライブトレインを試したいなら、GXとよく似ていて素材が違う新しいX1 Eagleリアディレイラーも用意されるが、これは完成車のみのオプション。自分で組みたい時はGX AXSディレイラーを用意する必要がある(これは標準Eagleチェーンを使う。Apex XPLRはフラットトップチェーン)
  • シフターのエルゴノミクスは最新のForceとRivalと同じで、フード外周はより小さく手はレバーにより近くなる
  • メカニカル版はEagle 12スピードと同じギア・アクチュエーションを内部に搭載する。GXのメカニカル・ディレイラーのBナックルにバレルアジャスターを追加して対応させた
  • Apexメカニカル・シフターはGX, XO, XX1メカニカルディレイラーと互換性があることになる(この場合はケーブルハウジングにインライン・バレルアジャスターを追加する必要はある)
  • XPLRでは11-44ロード・グラベルカセットのコグスペーシングがEagleの11-50とは異なるため、プーリーの位置とフィンがケーブルの引き量を調整するために異なっている。そのためXPLRとEagleとのあいだでカセットを交換したい場合、ディレイラーも交換する必要がある。チェーン長も適切にするために交換する必要はあるかもしれない
  • Apex AXSは2023年6月から発売され、2500-2800ドルレンジの完成車に搭載される見込み。クランク長は160/165/170/172.5/175mm、チェーンリングは38-46
  • Apexメカニカルは9月に投入され、1850-2000ドルレンジの完成車に搭載される見込み
  • 各グループセットの公称重量は以下:
    Apex AXS XPLR – 2,890g
    Apex AXS Eagle – 3,181g
    Apex mechanical XPLR – 2,872g
    Apex mechanical Eagle – 3,062

SRAMはメカニカルからいずれ完全撤退するのだろう…と思い込んでいたので、トップグレードではないもののメカニカルのダブルタップ12スピードの登場には個人的には大変驚きました。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました