ティージェイ・ヴァンガーデレン「リアブレーキをかけたらフロントが滑った」

ツアー・オブ・カリフォルニア2019の第4ステージでいくつかの波乱があったようですが、そのうちのひとつはチーム・エデュケーションファースト所属のティージェイ・ヴァンガーデレンのバイク交換。

2:35頃の集団での落車に巻き込まれたヴァンガーデレンはチームメイトのバイクを借りて復帰します。

そのまま動画を30秒ほど見ていると不思議なことが起こります。3:06頃にヴァンガーデレンは右コーナーを曲がりきれず危うくコースアウトしそうになっています。

リアブレーキをかけたらフロントが滑った

見るとどうもホイールが妙な具合にスリップしているのですが、この件について本人が次のようにコメントしています(1:10〜)。

記者:借りた自転車でターンを失敗しましたが、バイクに何か問題があったんでしょうか、使いにくかった?

Tejay:彼のブレーキは左右逆だったんだ。僕はそれに慣れていない。右のブレーキングはこう、左のブレーキングはこう、と普通はそれに慣れている。

リアブレーキをかけたらフロントホイールが滑り出してパニックになってしまった。些細な違いだと思う人もいるかもしれないけど、ホイールが滑りはじめてしまって、曲がれなかった。

下の記事でもちょっと触れましたが、アメリカ合衆国やコンチネンタル・ヨーロッパでは「右ブレーキがリアホイールを制動する」セッティングが主流。それが日本やイギリスなどいくつかの国では逆になることが多いです。

自転車の海外通販で完成車やフレーム、ホイールなどを買う時、何をやってもらえて何をやってもらえないのか。長らく海外通販を利用している方には当た...

ヴァンガーデレンに自転車を渡したチームメイトのバイクは「右ブレーキがフロントホイールを制動する」セッティングだったようです。なかなか「文化の違い」を感じるちょっと変わったトラブルでした。

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon (2019-01-23)
売り上げランキング: 1