きみはTern BYBを買うことに決めたが、P8とS11のどちらにすべきか悩んでいる

きみはもう決心してしまった。話題の高性能ミニベロ・Tern BYBを買うのだと。そして、その決心は固いと聞いている。もう覆せないとも聞いている。だから、その点について悩む必要はない。もう後戻りはできないのだし、する必要もない。

だが、Tern BYBにはP8とS11という2つのモデルがある。きみが次に考えなくてはならないのは、そのどちらを選ぶべきかということだ。

Tern BYB S11

その前に、Tern BYBについておさらいしておこう。これはS11というモデルで、その名が示すように11段変速のモデルだ。フロントシングルで、リアディレイラーはシマノ・アルテグラが採用されている。噂によると、フレーム剛性が高く、走行性能はかなり高いらしい。

Tern S11

Tern S11 © Tern Bicycles

それでいてコンパクトに畳めるとも聞いている。特に注目すべきは、このフットプリントの小ささだ。横幅も狭い。コロコロするキャスターも標準装備。S11の折りたたみサイズは33 x 81 x 51 cmに収まる。

Tern S11

Tern S11 © Tern Bicycles

CBN Blogライターのなどかずさんの調査によれば、東海道新幹線の「特大荷物スペースつき座席」は1席あたりの幅が約523〜535mmだから、Tern BYB S11(510mm)は各自の席裏に問題なく収まる。厚みも490mm内に完全に収まる。

きみは来年以降も、東海道新幹線での輪行をあきらめる必要がなくなるのだ。きみの人生から、ひとつの悩みが消えることになる。

関連記事 「特大荷物スペースつき座席」って、「新幹線輪行の終わりの始まり」なのかも?

下位モデルのP8にしても、折りたたみサイズは35 x 81 x 52 cmと、縦の長さ以外は1〜2cmほど増えるようだが、「特大荷物スペースつき座席の裏」にはやはり問題なく置けるのだ。きみは誰にも文句を言われないだろう。

繁忙期の東海汽船のジェット船のスーツケース置場にも問題なく置けるはずだ。この空きスペース。この奥。夢のようだ。

東海汽船のジェット船1Fの荷物置き場

東海汽船のジェット船1Fの荷物置き場

それでいてS11は1×11の11スピードだ。カセットは恐らく105グレードだが、リアディレイラーはアルテグラだ。ロードバイクと互角とまでは行かないまでも、小径車としては十分すぎるほどのクロスレシオ。100km超の平地ロングライドでも、ヒルクライムでも活躍するだろう。

パンク時のホイールの脱着も、ブロンプトンより手早く済ませられるのは間違いないだろう。

BYB P8とBYB S11の違いを表にしてみた

しかし気になるのは、S11とは別にP8というモデルもラインナップされている点だ。そしてこの2つは、値段があまりに違いすぎる。S11の税別価格は¥248,000であり、P8は¥138,000。その差は11万円である。この差はあまりに大きい。

一体どこが違うのだろう? フレームとフォークについては共通であることが判明した。きみはTern公式サイトからP8とS11の主な違いを抽出し、職場でエクセルのスプレッドシートにまとめはじめる。

BYB P8 BYB S11
重量 14.3kg 12.7kg
スピード 1 x 8 1 x 11
折り畳みサイズ 35 x 81 x 52 cm 33 x 81 x 51 cm
ヘッドセット Flux, cartridge bearings,
Physis integrated
Flux Pro, angular contact bearings,
Physis integrated
ハンドル Flat bar, 6061-AL,
Andros adapted
Kinetix Pro X,
Double-butted 7050-AL,
Andros adapted
グリップ Velo ergonomic, lock-on Ergon GS1 Leichtbau
サドル Tern Porter Ergon SMC30 Pro, TiNox Rails
ブレーキ Kinetix SpeedStop V-brakes,
Stainless hardware
Tektro V, swivel link, race pad
ブレーキレバー Shimano Shimano
ホイール FH: Kinetix Neutron Mini 74,
sealed cartridge bearing
RH: Novatec, sealed cartridge bearing

ステンレススポーク・ニップル
ダブルウォール・アルミリム

Kinetix Pro X,
Paired Spoke technology,
Straight-pull design, 16H
タイヤ Schwalbe Citizen, 42-406,
Puncture protection, Reflex
Schwalbe Marathon Racer, 40-406,
Puncture protection, Reflex
リアディレイラー Shimano Acera, Shadow RD Shimano Ultegra, Shadow RD
クランク Forged 6061-AL, 52T FSA Gossamer Pro,
54T MegaEVO BB386
カセット Shimano 11-32T, 8 spd Shimano 105, 11-32T
BB FSA, Cartridge, sealed bearings FSA, BB-EVO8681
チェーン KMC, 8 spd Shimano, 11 spd
ペダル MKS EZY MKS UB-LITE EZY
キックスタンド Deluxe center mount Premium center mount
価格(税別) ¥138,000 ¥248,000

わかりやすい違いと言えばまず、S11のほうがP8よりも1.6kgほど軽量であることだ。

S11の12.7kgという数字は、キャリア付きのBrompton S6Rの11.9kg, M6Rの12.2kgよりは重いが、S11もP8も20インチ(406)ホイールであることを忘れてはならない。ブロンプトンは16インチ(349)だ。

P8は8スピードだ。だがBrompton S6Lよりギアが2枚も多い。P8とS11のギアレンジ自体はほぼ似たようなものだから、大きい不満は持たないかもしれない。ただS11は、ホイールが少スポーク構成で明らかに空力性能が良さそうに見える。スポークもSapimのエアロ。

またP8の14.3kgという数字はかなり重いようにも見えるが、コロコロの性能が異様に高いという噂を信じる限り、それはあまり問題にならないかもしれない。

いや、本当にそうだろうか。きみは何度も絶望してきた。エスカレーターのない駅の階段に。

11万円の違いに納得できるか

すでにブロンプトンの3速モデルや6速モデルを所有しているきみにとっては、8スピードのP8でも十分魅力的なものに見える。S11のホイールは、確かに魅力的だ。だがクランクやその他のフィニッシング・キットのグレード差、1.6kgの重量差を考慮に入れても、きみは11万円の違いに納得できるだろうか。

Tern P8

Tern P8 © Tern Bicycles

P8を後で11スピード化することもできるだろう。いいホイールに交換することもできるだろう。無印クランクをFSA Gossamer Proに、リアディレイラーをアセラからアルテグラに交換する。しかしそれらに必要なコストは、やはり10万円近くかかってしまうだろう。

P8を買うのであれば、後で駆動系をアップグレードするのはやめておいたほうが良さそうだ。それをするくらいなら、最初からS11を買ったほうがいい。P8を選ぶ場合、ほぼ吊るしで運用したほうが良いだろう。

P8でも自分は満足できるだろうか、ときみは自問する。できるかもしれないし、できないかもしれない。S11があと5万円くらい安かったら、きみは悩まなかっただろうか。

S11もP8も、発売はもう少し先だ。カラーはS11がシルバーのみ、P8が3色から選べる。

この記事を書いた人