Kindle本最大70%OFF(28日まで)
ツール・メンテナンス

GIANTが自転車内に新たな収納スペースを発見

携帯ツールやチューブレスタイヤ用パンク修理キットをハンドルのバーエンドやフォークコラムに仕込ませるといった「収納上手」なツールが最近どんどん増えてきている気がします。例えば下の2つの記事で紹介した製品もそうですね。

チューブレスのパンク救世主 Sahmurai Swordを手に入れた
チューブレスタイヤのパンクは穴が小さいものであればシーラントが塞いでくれますが、塞ぎきれないような穴が開いてしまったら? そこでインナーチューブを入れてしまって復帰するのも手でしょう。 しかしその前にこれから紹介するツールで穴を埋める...
鉄のフォークコラムに収納できるマルチツール OneUpとSpecializedどちらが良い?
鉄のフォークコラムに収納できるマルチツールがあります。OneUp Componentsから出ている"EDC TOOL SYSTEM"とSpecializedから出ている"SWAT Conceal Carry MTB tool"の2つが有名で...

しかし「クランク・スピンドル軸の空洞にツールを仕込ませる」というアイデアはこれまであったのでしょうか?

過去にあったらすみません。しかし、とりあえずGIANTが新製品で出しています。

公式 Clutch Crank Core Storage | Giant Bicycles International

Clutch Crank Core Storage

Clutch Crank Core Storageというツールを昨年暮れ頃にGIANTがリリースしていたようです。同社によれば「世界最小のクランク内蔵型マルチツール」。ホロウ・クランク・スピンドルにマグネットで固定される仕組みです。

どの程度の固定力なのか気になりますが、引っ張るだけで取れるならかなり便利ですよね。

Clutch Crank Core Storage

Clutch Crank Core Storage © Giant

対応しているのはSRAM, Shimano及びPraxisのホロウタイプのスピンドルを持つクランク。軸に穴が開いていないものには使えません。例えばShimano R8000 Ultegraのクランクなどでは使えませんが、SLXのクランクなら多分使えるでしょう。どちらかというとMTB寄りのツールでしょうか(でもShimano GRXでは使えそうですよね)。

Clutch Crank Core Storage

Clutch Crank Core Storage © Giant

2.5, 3, 4, 5, 6mmまでの5本のヘックスレンチとT25トルクスレンチ、そしてチェーンカッターとスペア・チェーンリンクの収納庫、スポークレンチも内蔵します。下の画像でわかるようにヘックスレンチをチェーン切りの一部として使うというなかなかクレバーなアイデアです。

Clutch Crank Core Storage

Clutch Crank Core Storage © Giant

サイズは100 x 32 x 19mmとなっていて、重量は84g。調べてみたところ、本記事執筆時点では日本国内での情報はなく、GIANT日本の公式サイトでも販売もされていないようですが、同社のインターナショナルサイトでは定価$80となっています。日本では9,000〜1万円くらいになるのでしょうか。

ブロンプトンのトップチューブに入る似たようなツールキットが1万円くらいするので、大体そんなものかなという気がしないでもないですが、個人的にはもうちょっとだけ安いとありがたいかな…

重心を考えると理想的な場所

自転車のような乗り物は一般に重いものが上のほうにあると不安定になってきます。昨今は大容量サドルバッグが流行ですが、より低い位置に重心が来るパニアバッグなどを使うとそのあたりを実感します。

収納型のツールキットも高い位置にあるハンドルバーエンドやフォークコラム内部より、スピンドル・BB内にあったほうが重心的には良いように思われます。

が、しかし際にこの位置にマグネットで84gのツールを装着した場合、クランクの回転感覚に何らかの違和感が出るのかどうかが個人的にはちょっと気になるところ(多分問題ない気はしますが…)。

使える自転車が限られてはいますが、ペダリングに影響がないのならなかなかスマートなソリューションのひとつと言えるのではないでしょうか。

最近はTREK DOMANE mk.IIIをはじめとして(下に参考記事リンクがあります)ダウンチューブにツールやスペアチューブや補給食を収納できるタイプのバイクが増えており、スポーツバイク界において「収納(Storage)」が新たな重要コンセプトのひとつになりつつある感がします。

TREK Domane 第3世代はサドルバッグ禁止のエアロコンフォート…グラベル?
TREKが先日、第3世代のドマーネ(Domane mk.III)を発表しました。主要コンセプトは「エアロで快適で多目的」ということらしく、最上位モデルのSLRには昨年のマドンに搭載された新型のトップチューブIsoSpeed、そしてフロントI...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました