Amazon Music Unlimited 30日間無料お試し
フレーム・完成車

Schwinn Axum DP はわずか$498のドロッパーポスト付き29er MTB。老舗ブランド復活の狼煙か

Schwinn(シュウィン)というアメリカの自転車ブランドがあります。1895年にシカゴで創業した米国で最も古いメーカーのひとつで、アメリカ人なら知らない人はいないくらいのブランドですが(ビーチクルーザーは特に有名)、下の記事の最後のほうでも触れたように1992年に一度倒産しています。

The Shimanos:海外ドラマ好きならわかる自転車ミーム
小ネタです。インスタでこんな自転車ミームを目にしました。題して"The Shimanos(ザ・シマノズ)"。ちょっとカタギではない雰囲気の男2人が割れたシマノ製クランクを手にしています。これ、左の男性は本当は拳銃を持っていて、右の男性は葉巻...

そのシュウインが現在北米のスーパー、ウォルマート限定で販売しているMTBのコストパフォーマンスが超絶なのでご紹介します。

参考 Schwinn Axum DP Mountain Bike with mechanical seat post, 29-inch wheels, 8 speeds, blue

スーパーで買えるドロッパーポスト付き29er

Axum(アクサム) DPというモデルです。税別ながらウォルマートで引き取ればわずか$498(記事執筆時点の為替レートで54,163円)で買える自転車ですが、ドロッパーシートポストまで搭載している29erのハードテール・マウンテンバイク。フロントフォークは100mmトラベルでマニュアル・ロックアウトに対応。

Schwinn Axum DP

Schwinn Axum DP © Walmart

実はこのAxum DPはドロッパーポストのない「Axum」というモデルの上位バージョンとして登場しました(DP = Dropper Postの略)。そしてノーマルシートポスト仕様の先代Axumはなんとお値段$399でした。

下の動画でAxumの実際の所有者の方がレビューしています(英語)。コンポーネントは「AXE」という謎ブランドで、フロントシングル(歯数不明。シュウィン公式サイトにも言及なし。ついでに所有者も数える気なしwww)、リアは11-48の8スピード仕様らしいです。シートポストはSuntour XCじゃないかな、とのことです。

この動画を見る限り塗装はラメが入っている感じで、とってもきれいですね(Axum DPはブルーなので塗装はこれと同じではありません)。あと細かいところですがディスクローターはシュウィンの十字マークの穴が開いている専用品で、ブランディングはかなり意識しているなと思いました。

駆動系はAXEというブランド(?)他は基本ノーブランド

ドロッパーポストは KS EXA 900iという製品で当然メカニカル(KS = Kind Shockという中華ブランド)、トラベルは125mm。ディスクブレーキも当然メカニカル。ローターはフロント180mm、リア160mm。ブレーキやリム・ハブ等のメーカー名は不明です。チェーンは先代のAxumと同じならKMC。タイヤもAxumと同じなら29×2.60(これもメーカー・ブランド・銘柄は不明)。

Schwinn Axum DP

Schwinn Axum DP © Walmart

5万円前後のMTBは日本のスポーツサイクル専門店でも見かけることは見かけるので、その意味では特に新しいものではないかもしれませんが、29erでかつドロッパーポストまで付いていて5万円台、というのはかなり攻めた価格だなぁと感じます。これが近所のスーパーで買えるなら英国のVitusなどの激安完成車ブランドもうかうかしていられないでしょう。

Schwinn Axum DP

Schwinn Axum DP © Walmart

アメリカは人口が多い国です。日本の約3倍。市場規模も断然大きく自転車を楽しめる自然もはるかに多いです。シュウィンのような歴史のあるブランドが本気を出して激安MTBを作ってウォルマートに置いておけば本来普通に勝てる状況にあります。

というか本気で勝ちに来ているのだろうか、という気もします。国民的自転車ブランド・シュウィン復活の兆しのような気がしないでもありません。

サイズ? 1つに決まってんだろ!

ウォルマートの製品ページを見ても詳細スペックはなく、サイズにしても18.5インチのワンサイズのみ。、163cm〜188cmの人ならたぶん乗れるだろみたいなアメリカ的寛容仕様。ジオメトリなんかもありません。

サイズのことなど聞こうものなら「ビッグマックにサイズなんかあるわけないだろ? ビッグマックはビッグマックだろ?」と呆れられそうです。

重いんでしょう? などと聞こうものなら「重いかどうかって? そりゃ重いよ。」 と即答されるに決まってます。そういう細かいところをつつくのは全く野暮な自転車です。

そのあたりが逆に「北米最古参のシュウィン」っぽい感じでもあり、メイド・イン・アメリカなパーツなんか1個も使われていないのは確実ですが、なんかアメリカっぽい自転車だなと思ったのでした。近所に山や林があれば、とりあえず乗ってみる。遊んでみる。「だってMTBってそういうものだろ?」と言われそうです。なんか楽しそうな自転車です。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました