Colnago C64に謎の新色「FROZEN」系2色が追加。見たことのないカッコ良さ!

Colnago C64(リム・ディスク両方)に「FROZEN」という謎の新色が2つ追加されたらしく、スイスの自転車通販老舗ベラチスポーツから生写真が送られてきました! すごいカラーなので是非日本の皆さんに見て欲しい…とのことです。

このC64の「FROZEN」カラーですが、まだコルナゴ公式サイトにはアップされておらず詳細情報が少ないです。「FROZEN」には3つのカラーがあり、青系の「RC19」と赤系の「RCRD」とシルバー系の「RCSL」があります。

このうち青系の「RC19」については今年の1月に既に発表されているのでご存じの方も多いかもしれませんが、今回新たに「RCRD」と「RCSL」が追加されたという感じです。ベラチスポーツでもう売っています。

shop Colnago C64 Disc 2020 – Bellati Sport
shop Colnago C64 2020 – Bellati Sport

Colnago C64 Disc 2020 RCRDカラー

そのベラチスポーツから参考資料として送られてきたのが以下の写真。これは「RCRD」というカラーで、ノーマルカラーに比べると3.8万円ほどのアップチャージになりますが、バイクのペイントにはほとんどこだわりのない私から見てもかなりカッコいいカラーだと思いました。

Colnago C64 Disc 2020 RCRDカラー

Colnago C64 Disc 2020 RCRD

「FROZEN」というのは「凍った」という意味ですが、もしかすると雪の結晶みたいなものをイメージしているのでしょうか?(Colnago UKのFacebookではこのカラーを「FROST」(霜)と形容していました)

Colnago C64 Disc 2020 RCRDカラー

Colnago C64 Disc 2020 RCRD

いっやー、コルナゴといえば昔からこういうカスタムペイントが最高すぎてそれだけで欲しくなったものですが、このRCRDカラーもかなり欲しくなりますね。

Colnago C64 Disc 2020 RCRDカラー

Colnago C64 Disc 2020 RCRD

ちなみにお値段はディスブレーキ版のフレームセットで469,412円。SRAM eTap AXSやCampagnolo Super Record EPS / メカニカル、Shimano Dura-Ace Di2コンポで組んだ完成車各種も選べます。まぁ、こんなにきれいなフレームなら最高のコンポで組んであげたいと思いますよね。

なんか長く乗れそうで、とってもいいですね!

本記事で紹介する価格情報はすべて2020年5月20日時点のものであり、実際の購入時はその時点でのスイスフランで決済されるのでご注意ください

Colnago C64 Disc 2020 RCSLカラー

そしてこちらがもうひとつの新色「RCSL」。ブラックに近いシルバーという感じでしょうか。これもメッチャかっこいいですね…

Colnago C64 Disc 2020 RCSLカラー

Colnago C64 Disc 2020 RCSL

お値段はレッドのRCRD同様、ディスブレーキ版のフレームセットで469,412円。リムブレーキ版だと432,762円と、3.7万円ほど安くなる計算です。

Colnago C64 Disc 2020 RCSLカラー

Colnago C64 Disc 2020 RCSL

相当手間がかかってそうです。

Colnago C64 Disc 2020 RCSLカラー

Colnago C64 Disc 2020 RCSL

納期と送料

これらのフレーム・完成車は発送までのリードタイムが4-8週間。恐らく在庫がなければ受注生産という感じでしょう。日本への送料はフレームセット・完成車ともに14,372円といったところです。

なお、受取時に消費税(商品価格の60%に対して10%)がかかるのでそれも計算に入れてください。

過去に私がベラチスポーツから完成車やホイールを購入した際の情報を記事にしてあります。ご参考にどうぞ。

海外通販でたびたび利用しているスイスのショップ、ベラチスポーツ(Bellati Sport)。今年の春は久しぶりにロードバイクの完成車を注文...

コルナゴのバイクは最新版でもどこかレトロな雰囲気が残っていて、他のメーカーとは完全に一線を画していますね。新しくロードを組むならこのフレームでやってみたい、と思いました。

この記事を書いた人