AX-Lightnessが「普段使いできる5.4kgの超軽量ロード完成車」を発売開始(※155万円)

ドイツの超軽量カーボンパーツブランド・AX-LightnessがサブブランドのBenottiから超軽量ロード完成車を発表・発売開始しました。モデル名は「VIAL evo Disc」で、最軽量コンフィギュレーションは5.4kgとなっています。

VIAL evo Disc by ax-lightness

VIAL evo Disc by ax-lightness © BENObikes

公式 VIAL evo Disc by ax-lightness | Roadbikes | Bikes | BENObikes

ライダー体重100kgまでサポート

AX-Lightnessに限らずとも、5.4kg程度のロード完成車、は値段さえ度外視すればもはや珍しい存在ではなくなりました。しかしBenotti VIAL evo Discの最大の特徴は非常に高剛性に作られているところです。海外サイクルメディアが伝えるところによると120kgまでのライダー体重をサポートするとのことですが、公式サイトではサイズMで100kgとなっています。

VIAL evo Disc by ax-lightness

VIAL evo Disc by ax-lightness © BENObikes

サイズはS(50), M(53), L(56)の3つ。完成車のコンポはSRAM, Shimanoから選択できますが、最軽量なのはSRAM Red 22 HRDとShiamno Dura-Ace Di2 R9170組みの5.4kg。パワーメーター付きのRed eTap AXS HRD組みで5.6kg。フレームセット重量は「700gクラス」という情報です。ホイールセットは840gのax.Ultra 25T。

ホイールやハンドル・ステム・シートポスト・サドル等のフィニッシング・キットには当然AX-Lightnessの超軽量パーツがふんだんに盛られていますが、フレームセットの販売もあるようです。

完成車は通常版と「クライマーズ・エディション」があり、現時点で販売されているのはRed AXS, Dura-Ace Di2, Red 22の3モデル。価格は以下の通り。

  • SRAM Red AXSモデル €12,499.00(約155万円)
  • Shimano Dura-Ace Di2モデル €11,699.00(約147万円)
  • SRAM Red 22モデル €10,699.00(約134万円)

ホイールはax.Ultra 25Tの他にax.Ultra 38T Discまたはax.Ultra 38C Disc clincher(チューブレス対応)も選択可。最大タイヤクリアランスは32mm。ヘッドセットとボトムブラケットはCeramicSpeed製。

カラーは7色で限定版のクローム・レッドのみ1500ユーロのアップチャージ。フレームセットは公式サイトにはまだ掲載されていませんがBikeradarによると€4,299で、今後最も安いパターンで€7,499からのビルドも登場するそうです。

普段使いに!

公式サイトによると

このバイクは軽量さ、安定性と快適性の共存にフォーカスして開発されました。さらにこれらすべてを普段使い(everyday use)への適性を妥協することなく開発しました!

とあるので、ヒルクライムは勿論、もう気軽に通勤通学などで使っても良いのではないでしょうか(※155万円です)。

この記事を書いた人