Amazon Music 新規4ヶ月間無料(6/22まで)
タイヤ・チューブ

SchwalbeがグラベルタイヤG-ONEシリーズにレース志向の新モデル「G-ONE R」を追加

Schwalbeがグラベル用タイヤ「G-ONE」シリーズに新モデル「G-ONE R」を追加しました。元「Dirty Kanza」という名称だったグラベルレースの「Unbound Gravel」に合わせて発表しただけあって(名称変更の経緯はこちら)、レース寄りのハイスピードタイヤに仕上がっているようです。

Schwalbe G-ONE R

© Schwalbe

公式 SCHWALBE G-ONE R

転がり抵抗の軽さに振ったモデル

発表されたのはレース志向モデルということもあってか700Cのみで、650bのラインナップはなし。太さは40mmと45mmの2パターンです。画像を見る限りノブが従来のG-ONEシリーズに比べてだいぶ高めになっていますが、性能的には転がり抵抗の軽さに振ってあります。

Schwalbe G-ONE R

© Schwalbe

このタイヤは「柔軟性・スピード・コントロール性を最高のレベルで実現した」とされるSuper Raceというカーカスを採用しています。このカーカスは下図の説明を見ると「転がり9点、ロードグリップ8点、オフロードグリップ8点、プロテクション6点、耐久性5点」という評価になっています。乾いたハードパックなグラベルでは気持ち良さそうなタイヤに見えます。

Schwalbe G-ONE R

© Schwalbe

欧州定価は69,90 €で、重量は700x40mmで480g。700x45mmで520g。最大空気圧は40mmで4.5bar, 45mmで4.0bar。最大荷重は70kgとなっていますが、シュワルベの定義によるとこれは最大空気圧時のタイヤ1本あたりの数値だそうです。

これでG-ONEシリーズにUltrabite, Bite, Allround, Speedに「R」が加わることになりました。日本での需要はそれほど高くないかもしれませんが、グラインデューロレースでとにかく勝ちを目指したい方は試してみてはどうでしょうか。

▼ シュワルベはチューブレス用ビード上げタンクも人気でよく売れています。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました