Amazon 63時間タイムセール開催中!
フレーム・完成車

TIMEのロードバイクフレーム2022年モデルを観察「肝心なのは乗り心地だよ!」

今日はTIMEのロードバイクフレーム2022年モデルを観察してみたいと思います。ラインナップはALPE D’HUEZ(アルプデュエズ) 01と21、SCYLON(サイロン)の3モデル。

出典 TIME Bicycles

ALPE D’HUEZ 01 / ALPE D’HUEZ 21

ALPE D’HUEZ 01と21はその名の通りヒルクライムを強く意識したモデル。01はフラッグシップでフレーム重量は890g。21はフレーム素材を若干変更することでお手頃価格を実現しているモデルです。いずれもディスク・リムブレーキ両方が用意されていて、フォークはチューンド・マスダンパー内蔵のAKTIVまたはクラシックから選べます(リムブレーキ版はクラシックのみ)。

TIME ALPE D'HUEZ 01 2022

890gのクライミングマシン ALPE D’HUEZ 01 © TIME

上が01で下が21です。カラーは画像のグロスカーボン・マットグレイの他にホワイト系・ブルー系・パープル系も用意されています(モデルによって選べるカラーは違います)。フラッグシップでメカニカルにも対応していてリムブレーキ版も残されているのは嬉しいですね。

TIME ALPE D'HUEZ 21 2022

ALPE D’HUEZ 22は公称重量960g © TIME

TIME公式サイトによると「Alpe d’Huez 01がツーシーター・スポーツカーなら、Alpe d’Huez 21はV10エンジンのパフォーマンス・セダンだ」とのこと。

SCYLON

最近は山岳と平地に必要な性能を1モデルに集約させるブランドが増えつつありますが、TIMEはエアロ性能を追求したオールラウンダーバイク・サイロンを残しています。2009年のツール・ド・フランスでRXR ULTEAMを駆りステージ5位に入賞した新城幸也選手の姿が懐かしく思い出されますね。

TIME SCYLON 2022

SCYLONはオールラウンダー・エアロ © TIME

こちらはワンカラーのみ。フォークはAKTIVかクラシックを選べてシートポストもアップチャージでトランスリンク仕様を選べます。

乗り心地の良さが成功に繋がる

これらの2022年モデルを眺めていてすぐに気付くのが、ケーブルが現在主流のフルインターナルではないこと。この点は「なぜ未だに?」という意見を目にしますが、恐らく現在のTIMEはケーブル内装の新しいフレームデザインに着手する余裕がないのだと思います。

TIMEによる「私達はヨーロッパ産」というメッセージを読み解く〜ヨーロッパは広域ではなく局地となりつつある?
スポーツ自転車産業の未来を読む!(大袈裟)ミニ考察記事です。先日、TIMEがインスタグラムに考えさせられる投稿をしていました。画像には「ヨーロッパでのみ設計・製造される」という文言が見え、その上には欧州旗があしらわれています。これは個人的に...

とはいえ一般ユーザーからすると外出しケーブルは組み上げもメンテナンスも楽なのでこれを歓迎する人もいることでしょう。

TIME公式サイトには”THE BOTTOM LINE IS THE FEEL OF THE RIDE.”(とにかく乗り心地がいちばん大事なんだ)や”how the bike feels on the road is the real measure for success.”(路上での乗り心地の良さが成功を本当に左右する)といったキャッチコピーが見られます。

「最新の仕様ではない」のは確かですが、一方でAKTIVフォーク、リムブレーキを残していること、外装式ケーブルといった点からはTIMEの基本コンセプトは一言で言うと「ストレスフリー」ということで一貫しているのだろうか、と思いました。2023年モデルからはフルインターナルになるかもしれませんが、TIMEはこのクラシックなスペックでいいんじゃないかという気もします。

個人的にはヒルクライム輪行にはリムブレーキの軽量ロードバイクが一番扱いやすいので、余裕があればALPE D’HUEZ 21のリムブレーキフレームで山専用の1台を組みたいところです。サッとコンパクトにまとめてオーストリッチのSL-100で軽々と運んで山へ。下りはディスクブレーキのほうが断然楽なのですが、輪行だとやはりかさばります。

▼ そして目指すは「日本のラルプ・デュエズ」こと長野県の車坂峠!(コロナのせいで2年行けていません。この記事を書いた頃は「移動の自由」が当たり前にある、ありがたい世の中でした…)

日本のラルプ・デュエズ 車坂峠を楽しむ(長野県小諸市・群馬県嬬恋市)
日本のラルプ・デュエズ、の異名を持つ車坂峠(長野県小諸市・群馬県嬬恋市)を目指してチェリーパークラインを走りました。最初に登ったのは10年前。大体年に1度はやってくるお気に入りのコース。4月某日に遊びに行った時の様子を豊富な写真付きでレポー...

現在はどの大ブランドも完成車・フレームの納期が1〜2年以上になっていますが、スロヴァキア製造のTIMEはベラチスポーツなどを見ると2ヶ月待ち程度で済むモデルが多いのも嬉しいですね。TIMEは納期面でもストレスフリー!(笑)ついでにペダルを考えてみても膝や足首をストレスから解放するのがTIMEのコンセプトでした(現在ペダル部門はSRAM傘下になりましたけれど)。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました