AmazonでFashionタイムセール祭り開催中です!【月曜まで】
タイヤ・チューブ

Bora HansgroheとDeceuninck-QuickStepは今後すべてのレースでチューブド・クリンチャーのみを使おうとしている?

CBN BlogはAmazonアソシエイトとして適格販売により紹介料を得て、良質なコンテンツの作成とサイト運営のために役立てています。当サイト内のリンク経由で Amazonにてお買い物 していただくと、大変助かります。ご支援ありがとうございます

ロードレース関連の情報ですが、非競技系のサイクリストにとっても気になる話題を見かけました。ワールドツアーチームのBora HansgroheとDeceuninck-QuickStepが今年中に全てのレースで「チューブラータイヤの使用をやめる」方向でテストを進めているそうです。

出典 Bora-Hansgrohe and Deceuninck-QuickStep looking to ditch tubular tyres entirely

クラシックレースでもチューブラー以外を検討中

ソース元記事の要点は次のようなものです。

  • Specializedがスポンサーを務めるBora HansgroheとDeceuninck-QuickStepは2021年シーズン、チューブラータイヤの使用を完全に停止する見込みである
  • 両チームはこれまでもクラシックレースを除いてチューブラーの使用をやめていたが、これらの(クラシック)レースでも使用タイヤを最適化すべく、さらなるテストが進められている
  • Specialized S-Racingのロードチーム広報、Leo Menville氏は「(HansgroheとQuickStepは)Turbo CottonまたはRapidAirタイヤとラテックスチューブとの組み合わせだけを使うことを考えているようだ。Turbo Cottonはレースの80%で間違いなく使われることになるだろう」と述べている
  • この決定は2020年に発表された、チューブレス非対応のRoval Rapide CLXと軽量なAlpinist CLXというクリンチャーホイールによるトレンドへのコミットメントを意味する
  • 「チューブドタイプのクリンチャータイヤの性能を超えるようなチューブレスホイール・タイヤシステムを生み出せるようになったら、私達はそれをライダーに推薦するだろう」とRovalは述べている
  • Turbo Cottonは多孔質のコットン・サイドウォールを持つ純粋なクリンチャータイヤであり、グリップや耐パンク性能よりもスピードが優先されるドライな日に好んで選択されるだろう
  • Turbo RapidAirはチューブレスとの互換性に最大の注意を払って開発されたものだが、インナーチューブ必須の新型のRovalホイールとの組み合わせではグリップと耐パンク性能が高くなり、パンクが発生した場合でもリムとタイヤのインターフェースもより確固としたものとなる

スペシャライズドによる謎の「チューブド推し」

プロロードレースでのチューブラータイヤ使用率はここ数年減少傾向にあるので、それ自体は特に目新しいニュースではないのですが、興味深いのはSpecializedが(ホイールメーカーのRovalも同社の傘下)それに留まらず、チューブレスさえ放棄しようとしているところです。

昨年2020年のツール・ド・フランスでジュリアン・アラフィリップが第2ステージをチューブド・クリンチャータイヤで勝利し、その時は大変話題になりました(下の記事で紹介しています)。

28年ぶりにチューブド・クリンチャーでツールのステージ優勝を果たしたアラフィリップ。でもチューブドを使ったのは何故? #TDF2020
ドゥクーニンク・クイックステップのフランス人ライダー、ジュリアン・アラフィリップがツール・ド・フランス2020の第2ステージをチューブド・クリンチャータイヤで優勝したことで話題になっています。 この投稿をInstag...

スペシャライズドの去年からの「チューブド推し」は不思議な感じがします。一昔前はチューブラータイヤが転がり抵抗の面では最高であり、パンクしてもタイヤが外れないから安心だ、と言われており、その後、いやチューブレスのほうがタイヤの真円度も高いし抵抗も少なく安全だ、という話になり、今度は「いやチューブドを超えるチューブレスシステムはない」という話(Roval談)になっています。

ただしRoval/Specializedによるこの「チューブド推し」については、なぜ・どのようにそれがチューブレスやチューブラーに比べてアドバンテージがあるのか、具体的なデータが乏しいのが現状です。そのためこの「チューブド推進」の動きにはマーケティング上の理由があるのではないか、という声が多く聞かれます。

チューブドタイヤのほうがプロチームのメカニックは作業時間が少なくなりそうな気がしますし、アマチュアがプロと同じホイールを使いたいと思ってもチューブラーやチューブレスだと敷居の高さを感じて手を出しにくい、しかしチューブド仕様ならもっと買ってくれるのではないか? という思惑があるのかなと思ったりもしますが、皆さんはどう思われますでしょうか!?

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました