Amazon Music Unlimitedが3か月無料(新規登録のみ5/24まで)
ツール・メンテナンス

持ち運びできるローター・ロックリング固定ツール スルーアクスルをハンドル代わりに

おもしろ工具…というか緊急時に使えそうな便利アイテムの紹介です。Terskeというブランドの携帯用ローター・ロックリングツールです。

Travel Disc Rotor Lockring Tool

© Terske

公式 Travel Disc Rotor Lockring Tool – Lindaret

12mmスルーアクスルをハンドルに

これは何かというと、ディスクブレーキ・ローターのロックリングを締めるものです。外セレーション・16ノッチタイプのロックリングに対応します(MTBで主流のタイプですが、カンパニョーロやフルクラムのAFSタイプでも使えます)。

Travel Disc Rotor Lockring Tool

© Terske

ディスクローターの固定用ロックリングには「内セレーション」と「外セレーション」の2種類があり、シマノ製品の大部分は「内セレーション」で、固定には下のカセットスプロケット用ロックリング工具が必要になるため、このTerskeのツールでは固定できません(シマノでも一部対応しているローターもあります)。

外セレーションの場合、一部のBB工具がそのまま使えることもあります(外径44mm・16ノッチ対応品。下は関連記事)。

AFSハブへのディスクローターの固定
ディスクブレーキのローターには「6ボルト」と「センターロック」の2種類の規格があります。少し前に次の記事で解説しました。

このTerske製品の面白いところは、ハンドルにホイールの12mmスルーアクスルを流用すること。厚みが3mm以上あるスルーアクスルであれば使用可能。勿論カーボン製アクスルなら力をかけるのは禁物ですが、このヘッド自体は最大50Nmまで力をかけられるそうです(ちなみにカンパニョーロのAFSローターの固定は35Nm指定で、他社製品も多くは40Nm付近です)。

長期旅行や飛行機輪行に

素材は6061-T6アルミニウムで重量17g。出先でディスクブレーキローターのロックリングが緩んでしまった、というよくあるトラブルにもこれで対応…というのはちょっと冗談で、出先でロックリングが緩むことはあまりないと思いますが、長期の自転車旅行での緊急的な使用、または飛行機輪行時などにローターをホイールから外したい方にとっては重宝するかもしれません。

力をかけすぎるとスルーアクスルが曲がってしまうでしょうから使い方はデリケート。個人的には、極力荷物を減らしたい方にはこのままでも良いと思いますが、分解できる構造なのでハンドル付きでも良かったかも、とも思います(この製品にハンドルは付属しません)。

価格は$24.95で公式サイトから購入できます、が、なんと日本への送料は$62.71から。これほど軽量な類似製品は他にないと思うので、日本でも流通するとありがたいですね(そのうち中華製品が出回りそうな気もします)。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました