Amazon Music Unlimitedが3か月無料(新規登録のみ5/24まで)
よみもの

上に政策あれば下に対策あり UCIによるスーパータック禁止に新たな挑戦者が登場

UCIが安全面での理由からスーパータック・ポジションを禁止して以来、肘から先をドッカリ乗せられるエアロハンドルが出たり、クリス・フルームが「小指掴み」という新しいエアロポジションを開発したりと、UCIとプロロードレース選手やメーカーのあいだで「いたちごっこ」が発生しつつありますが、先日ここに新たな挑戦者が加わり話題になりました。

27-33cmのフレアハンドルで前方投影面積を極小に!

それがこちら! 狭い! そして目立ちすぎ(笑)

この狭すぎるハンドルを掴んでいる選手はUCIコンチネンタルチーム・Ribble-Weldtite所属のダン・ビンガム。彼はイギリスのトラック世界選手権勝者・チームタイムトライアルのワールドメダリストで、Watt Shopというエアロパーツを手掛けるブティックブランドでチーフ・コンサルタントを務めるエンジニアでもあります。

参考 WattShop – High Performance Cycle Equipment

このハンドルは上27cm、下33cmのスーパーフレア仕様になっていて、ライドポジションはむかしよく街中で見かけた、ピストバイクを駆るメッセンジャーを思わせるほど狭いですね。前方投影面積の少なさで空気抵抗を軽減しようという試みです。この製品はWatt Shopによるプロトタイプで、近い将来市販される予定があるそうです。

前腕(forearm)がハンドルを支えているわけではないので、UCIが下の記事で紹介したような規則でこのハンドルを禁止するのは今のところ無理でしょう。ブレーキレバーもしっかり握れているので安全性の面でケチを付けることもできません。

UCIが新たに前腕をハンドルにのせるポジションを禁止
UCIが2月8日の月曜日、4月1日から適用されるロードレースの新ルールの一部をアップデートしました。その中に驚きの内容が含まれています。 出典 PART II – ROAD RACES Rules amendments applyin...

が、UCIはこれまでにスピナッチバーをはじめ、幾度となくこうした新奇なパーツを禁止してきた歴史があり、これを黙認した場合これから次々と見慣れない・おもしろいパーツや乗車姿勢が現れてくるのは想像に難くないため、また新ルールで規制されそうな気はします。

下の記事で紹介したSpeeco ABBハンドルは現在UCIによる承認待ちだそうですが、これが認可されるかどうかで大きい流れが決まるかもしれません。

関連記事:

Speeco ABB 単独逃げに最適な19万円のスーパーエアロハンドル UCIルールに抵触は…しないらしい
何かものすごいことになっている異形のエアロハンドルを発見しました。エアロという呼称が生易しくさえ思えるデザインのこのドロップバー、SPEECOというオランダのブランドによる「ABB」 (Aero breakaway handlebars)と...
クリス・フルームが「小指掴み」という新しいエアロポジションを開発中
先日、UCIが「ロードバイクで前腕をハンドルにのせるポジションを禁止」という通達を出したことで話題になりました(いわゆる「TTポジションの禁止」)。TTポジションで走れば時速60kmの場合なら最大で79Wも省エネ走行できる(※平地の場合)と...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました