化石化した古代のEdge 500、正常動作が確認される

今日はアメリカから考古学のニュースをお知らせします。化石化した古代のGarmin Edge 500が発見され、スイッチを入れたところ正常動作が確認された。Bluetooth接続にまつわるトラブルも一切なく、データの破損も見られない、とのことです。

わかるーーーーwww

Edge 500はGPSサイコン史上の名品?

私のEdge 500も現役バリバリです。これの前に使っていたEdge 750(というモデルが過去にあった)は、バッテリーがヘタってバッテリー交換の後に徐々に動作不安定になったので退役させたのですが、このEdge 500はなかなか壊れる気配がありません。

Garmin Edge 500

データの破損が少ないかどうかは異論もあるようですが、「おおむね安定していた」という意見が多いように思います。私自身もデータファイルの派手な破損やログが極端におかしいという経験はしていません(当時のログアップロード先のGarmin Training Centerは問題ありまくりでしたが)。

最近はBluetoothでスマホで接続し、GPSメーカーが提供する専用サイトやStravaにアップするということが簡単にできるようになり、USBケーブルでパソコンに繋いでブラウザからファイルをアップ… みたいなEdge 500はもう過去の遺品すぎる感じはします。

しかし昨今のGPSサイコン、高機能になったぶん安定性や精密さに欠けているものも増えているような気も確かにしますね。

海外の人の意見は

この考古学上の発見について海外の人は:

  • それ俺の
  • あらゆる時代を通じて最高のサイコン
  • 僕のEdge500も完璧に動作しているよ。必要なことを全部やってくれる…
  • 俺の520よりいいかも…
  • 僕のもまだ現役だぜ… インドアトレーナー用かWahooが死んでる時に使っている
  • サイクルコンピューター界のNokia 3310だ
  • まだ製造してくれていたらいいのにな!
  • 私のは6年経ってるけど元気
  • 俺のは7シーズン目に入る。交換してもいいんだが、まだちゃんと動くんだよ

と、Edge 500の堅牢性と安定性を称える声は非常に多いですね。

しかし不具合を経験したという声も勿論あります。

  • 買って1ヶ月後に文鎮になったよ。何もできなくなった
  • 相当な数のファイルをやられてしまった

ところで上のほうで引き合いに出されている「Nokia 3310」とは、一斉を風靡したガラケーです。現在のiPhoneくらい世界的には勢いがありました。2000年に出たモデルです。下のリングトーン、有名ですね。19年前の発売か… 初代iPhoneが出たのはこれの7年後、2007年のことでした。

Garminの500番台は紆余曲折あって現在は530が最新モデル。日本語地図が入ったものは単体で¥37,422。以前に比べるとだいぶ買いやすい値段になったと思います。Edge 520に比べてバッテリー駆動時間が大幅に伸びたほか、高速なCPUを搭載したので動作速度も速いと好評です。

Edge 500の発売は、2009年の第4四半期でした。Edge 530は今年の第2四半期に登場。あいだに510, 520, 520 Plusとはさんで500シリーズも10年が経ちます。果たしてEdge 530は名機Edge 500を超えられるでしょうか?

この記事を書いた人