【本日最終】Amazonブラックフライデーお見逃しなく!
フレーム・完成車ペダル

Brompton T Lineの左ペダルはMKS Ezy Superiorを思わせる着脱式になっていた【動画あり】

先月Bromptonからチタンフレーム・カーボンフォークの超軽量フラッグシップモデル「T Line」が正式発表され話題になりました。下の2つの記事でご紹介しましたが、かなり多くのパーツが新しいタイプのものに置き換えられているようです。

Bromptonから「T Line One 」と「T Line Urban」が登場:チタン&カーボンで車重7.45kg・体重110kgでも乗れるフラッグシップ【70万円?】
ブロンプトンがチタンフレームの「T Line」を発表しました。一部パーツにカーボンを採用し、マッドガードなしのシングルスピードモデルは7.45kgに仕上がっています。 この投稿をInstagramで見る ...
Brompton T Lineを実際に触った人による感想:いくつかの問題点【動画と詳細画像】
Bromptonが1月21日に7.45〜8kgの超軽量モデル「T Line」を正式発表して大きい話題になりました(下の記事でお伝えしています)。このT Lineを米国のブロンプトン・ジャンクションで実際に触ってきた方からの報告が海外掲示板に...

左ペダルはMKS Ezy Superiorに似た機構

ここ数日Brompton公式YouTubeチャンネルでこのT Lineのメンテナンス動画が立て続けに5本アップされているのですが、その中で個人的に「おっ」と思ったものをご紹介。T Lineでは左ペダルが折りたたみ式ではなく、脱着式になっています。保管時や輪行時に外しておくための機構です。

あらかじめクランクに取り付けておくクイックリリース・パーツには、樹脂製と思われる2つの大きいボタン(グレー)があり、それを同時にプッシュすることでペダルが抜ける仕組みになっています。挿入時は少し回転させる必要あり。

Brompton T Line pedals

© Brompton

この機構は日本のMKS(三ヶ島ペタル)の「Ezy Superior」や「Ezy」シリーズを思わせますね(Ezyはペダル装着後にストッパーを入れる必要があります。筆者は扱いが気軽なEzy Superiorを愛用)。

▼ Ezy SuperiorとEzyの違いはこちらの動画でわかります(上がEzy Superior・下がEzy)。

MKSとコラボしてくれたら嬉しかったのだが…

Ezy Superiorはアダプターを回しながら着脱するという違いがあり、脱着はブロンプトンの新ペダルのほうが手数は少なそうに見えますが、個人的にはブロンプトンがT Line用の新ペダルをMKSと協力して設計・製造してくれていたら日本人としてはとても嬉しい夢のコラボだったのに… とも思ってしまいます(MKSペダルは海外でも人気です)。

取り外したT Lineのペダルはフォーク前側の穴に入れて保管。穴は普段、ラバーキャップで塞いでおく仕組み。最初に紹介した公式動画では、高価なバイクなのだから着脱用のボタンは金属にしてほしかった等の批判的な声が見られますが(これはこれで悪くないものだとは思いますが)、ブロンプトンでMKSを愛用している方からのコメントもありました。

▼ MKSには左側だけにEzy Superiorを搭載した「ワンサイド」シリーズがいくつかあります。

▼ 折りたたみ式のFD-7も人気です

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました