GPS・サイコン

Garmin Edge 540 / 840シリーズが海外ショップでフライング販売開始 いずれもソーラー版あり

CBN BlogはAmazonアソシエイトとして適格販売により紹介料を得て、良質なコンテンツの作成とサイト運営のために役立てています。当サイト内のリンク経由で Amazonにてお買い物 していただくと、大変助かります。ご支援ありがとうございます

米国のカメラ系ショップAdoramaでGarmin Edge 540 / 840シリーズが販売されています。本記事時点でGarmin公式サイトには掲載されていないため、フライング販売かと思われます。また、掲載されている540 / 840とされる画像は外観がほぼ同一に見え、ダミーの可能性もなくはないのでご注意下さい。

garmin edge 540

Edge 540 通常版 © adorama.com

発売されているのは以下の4モデル(リンク先はいずれもAdorama。消える可能性あり)。Edge 540にも840にもソーラー版が用意されています。通常版との差額はちょうど100ドルですね。また540 / 840の非ソーラー版については、Adoramaにセンサーバンドル品も掲載されています。

以下はリンク元ページで見られる公称駆動時間の比較です。

  • Garmin Edge 540 26時間(バッテリーセーバーモードで42時間)
  • Garmin Edge 540 Solar 26〜32時間(バッテリーセーバーモードで42〜60時間)
  • Garmin Edge 840 26時間(バッテリーセーバーモードで32時間)
  • Garmin Edge 840 Solar 26〜32時間(バッテリセーバーモードで42〜60時間)

端子はいずれもUSB-C。Edge 840にはハードウェアボタンが追加されています。次のような表記もあるので間違いないでしょう。

It features button controls that work in any environment matched with a responsive touchscreen so you can tap, pan and swipe on the fly.

どのような環境でも動作するボタンコントロールを搭載しています。レスポンシブ・タッチスクリーンではタップ・パン・スワイプもできます

タッチスクリーンは便利ですが、雨や汗などで誤動作することがあったようなので、これは歓迎されますね。またこれにあわせてEdge 530 / Edge 830の値下がりも期待されます。

正式発表は来週3月28日火曜日、発売は4月11日という情報を複数見かけました。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました