iGPSPORT iGS618とXplova X3 中身はほぼ同じのGPSサイコン

iGPSPORT iGS618というGPSサイコンが以前から気になっていたのでした。amazonでサイコンを検索すると最近この「iGPSPORT」というメーカーのモデルがずらーっと表示されることが多くなったからです。

様々な機種が存在するようですが、その中でも上位モデルと思われるiGS618についてkansai0908さんがCBNにレビューを投稿してくださいました。

CBN Review iGPSPORT iGS618

リンク先レビューには貴重な情報が詰まっているので詳細はそちらをお読みいただくとして、kansai0908さんによると

さて、このiGS618という機種なのですが最初に総括すると、「今現在発売されるOSM(Open street map)を利用したGPSナビ付サイコンの中で、海外通販等を使えば一番値段が安い機種」

とのこと。一方でナビや液晶の見やすさなどは値段なり、という感じのようです。

驚いたのがこの製品、中身は「Xplova X3」と同じらしいという情報です。試しに並べてみると…

なるほどハードウェアのボタンの形状などは違いますがインターフェースはほとんど同じに見えます。

iGPSPORT iGS618はAliexpressだと現在¥ 15,372。amazonだと¥ 16,999。

Xplova X3はamazonで¥ 21,384です。価格差は約4,000円。Xplova X3の中身が完全に同じものかどうかはわかりませんが、ご参考まで。

ちなみにkansai0908さんによるとiGS618の液晶はかなり見づらいらしいのですが、Xplova X3のamazonレビューを読むとそちらは見やすいみたいなことが書かれています。

iGS618の液晶サイズは2.2インチで公称駆動時間はは22時間。同じくカラー2.2インチ液晶のLEZYNE MEGA C GPSは32時間駆動。ちなみに2.3インチ画面のGarmin Edge 520Jは約15時間駆動で、実勢価格が35,000円くらい。MEGA C GPSは26,000円くらい。

総合力でEdge 520Jには勝てていないとしても、実売17,000円でこれはすごいんじゃない、と思わせるものには仕上がっているようです。

もしCBNレビューで指摘されているような問題点が改善された後継機が出たりしたら、大メーカー各社はうかうかしていられなくなるでしょう。

CBN Review iGPSPORT iGS618