Amazon ブラックフライデーセール開始!
サイクリング

自転車で夜の浅草に遊びに行こう

東京都東部の代表的な名所といえば、浅草は外せません。最近は外国人観光客が多すぎて週末の昼間などはとても自転車では近付きにくいので、人が少なそうな平日の夜にポタリングに行ってみました。その模様をお伝えします。

まずは雷門でございましょう

浅草といえば雷門。「雷門通り」の歩道に入り、歩く速度でお店の様子を眺めながら向かいます。昼間や週末であればこの歩道は自転車では走れません。法律とかマナー以前に、人が多すぎて無理です。しかしナイトポタリングならこのくらい閑散としていることがあるので、狙い目です。

雷門通り

雷門にたどり着きました。観光客の方々が門の前で記念写真やセルフィーを撮っています。邪魔にならないよう私も愛車とパチリ。

雷門

この夜の相棒はBrompton S6L。ここから先は自転車を押して歩きます。

関連 ブロンプトン関連記事一覧

雷門の提灯の真下から。すごい迫力です。

雷門

雷門の先は仲見世通りです。ここはいつも思うのですが、東京を代表する観光地の1つであるのは間違いないのに、営業終了時間がやたら早いです。この時は何時だったかな。まだ8時前ではあったはずです。しかしどのお店もほとんど閉まっています。外国人観光客の方々は、きっと不満でしょう。

仲見世通り

しかし一方で、観光地でお土産物屋さんを営む方々にも生活があります。午前中から営業しているわけですから、夜10時までやるわけにはいかないでしょう。だから、これできっといいのです。

この近辺には外国人観光客をターゲットにしたいい感じのホステルやバーが増えているので、夜遊びしたい人たちはそちらに向かうのかもしれません。浅草はここ数年でかなりコスモポリタンな町に変貌しつつあります。

浅草寺

さて、仲見世通りの奥の浅草寺に到着。左手側には五重塔が見えます。

浅草寺

おみくじというものは普通、神社にありますが、浅草寺はお寺なのに置いています。神道と仏教が混合した不思議な現象です。なお浅草寺のおみくじは「凶」がやたら多いことで有名です。

浅草寺

浅草寺に近寄ってみます。

浅草寺

振り返ります。なかなかいい眺めです。

浅草寺と五重塔

吾妻橋方面へ

ここで一度浅草寺を離れ、右側(東側)に進みます。ようやく自転車に乗れます。吾妻橋(あずまばし)がなかなかきれいなので、浅草に来たら眺めておきたいものです。まずは松屋デパートの前を通り過ぎます。

松屋デパート

レトロな雰囲気ですね。下町の中に現れる近代日本という感じの建物です。

松屋デパート

吾妻橋に出ました。遠くに見えている金色のオブジェがあるのは、アサヒビールの建物です。

吾妻橋からの眺め

ホッピー通り(煮込み通り)へ

吾妻橋を見終わったらふたたび浅草寺に戻り、通り過ぎて「奥山おまいりまち」へ。

ホッピー通り(煮込み通り)

お店が全部閉まっているので、通り過ぎて「ホッピー通り」に入ります。別名「煮込み通り」とも呼ばれているようです。

ホッピー通り(煮込み通り)

みんな楽しそうに飲んでます。

ホッピー通り(煮込み通り)

いいな…!! みんな楽しそうだ… 俺も… 飲みたいな!!

などと思った次の瞬間

ホッピー通り(煮込み通り)

わはははは、飲んじゃったwww 

あっ、なんだこれは!! 牛すじ煮込み… 豆腐… べ、別にラーメンとかじゃねぇし! 身体に悪くねぇし! 糖質少なめのレモンサワーだし!

ホッピー通り(煮込み通り)

いやー、いい気分です。ブロンプトンは畳んで足元に置いてあります。盗難の心配はありません。

ホッピー通り(煮込み通り)

次の瞬間

ホッピー通り(煮込み通り)

あっなんだこれは、別の店じゃねーか!! で、でも大根ほとんど水分だし… 右のまぐろぶつはプロテインだし…

いや肉じゃがはさすがにまずいだろー!! でもジャガイモはか、回復にいいし… ニンジンだって糖質多いけどビタミンあるし… 右端にあるのも糖質少なめの枝豆だし、最近Zwiftやってるし!!

ホッピー通り(煮込み通り)

「電気ブラン」のボトルは、写真を撮らせてもらっただけで実際には飲んでいませんw

酔っ払ったから帰る

さて気持ち良くなってきたので、帰ります。ブロンプトンをチャリチャリチャリ…と引き連れて、駅方面に向かいます。下はビートたけしの馴染みの店として有名な「捕鯨船」。まだ行ったことがありません。

捕鯨船

浅草ドン・キホーテの前を通ります。ドン・キホーテは外国人の友人知人を連れてくると必ず喜ばれます。なんでも「こんなわけのわからないものを山ほど置いている店は世界中に日本しかない」とのこと。

浅草ドン・キホーテ

さて、ブロンプトンにはいつも輪行袋を付けているので、いつでも電車で帰ることができます。浅草のこの近辺でいちばん近いのは銀座線浅草駅。

しかし気持ち良くなっているので、ブロンプトンをたたんで大型タクシーを停めます。輪行袋に詰めずとも乗せてくれます。こんなことができるのもブロンプトンならではです。

タクシーとブロンプトン

ポタリングのアイデア

浅草はおもしろいところですが、浅草寺周辺では乗れる道は多くありません。特に週末は人が多すぎて難しいでしょう。おすすめはやはり夜。ライドは現地までのアプローチや路地裏散策を楽しみます。

近辺には東京スカイツリーや上野があるので、それらと絡めてライド計画を立てると面白いと思います。

関連記事:自転車で夜の東京スカイツリーを見に行こう

BROMPTON(ブロンプトン) カバー&サドルバッグ QCOV
BROMPTON(ブロンプトン)
売り上げランキング: 564,910
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました