ロード・グラベル・ホイールは
スイスの名店ベラチスポーツで

BELLATI SPORTを見る
GPS・サイコン

LEZYNE GPSがReliveとの同期・Komootからのルート転送に対応

LEZYNEのGPSサイクルコンピューターとGPSプラットフォームが5月5日頃からReliveとのデータ同期、Komootからのルート転送に対応しました。

参考 LEZYNE ADDS KOMOOT AND RELIVE COMPATIBILITY TO ITS GPS PLATFORM (英語)
参考 GPS UPDATES – Lezyne – GPS Root

3Dアニメーションで走行の軌跡を動画にしてくれるReliveは以前Stravaとデータの連携ができたのですが、去年あたりにこの両社が仲違いしまして、それができなくなっていました。

Garminなどでは直接Relieveにデータをアップできたようですが、LEZYNE愛用者の方も今回のアップデートで簡単にReliveに走行ログを送れるようになりました。

GPSファームウェアとアプリのGPS Allyを更新しよう

ReliveとKomootとの接続は、LEZYNE GPSのファームウェアとスマホアプリのGPS Ally v2を最新版に更新すると使えるようになります(ReliveはもしかするとGPS Ally v2の更新だけで行けるかも)。

Reliveとデータ連携してみた

私はKomootを使っていないので、Reliveのほうだけ試してみました。ハードウェアはLEZYNE SUPER GPS、アプリのGPS Ally v2はiPhone版です。ファームウェアとアプリは両方とも最新版に更新しました。

本記事では説明していませんが、ウェブ版のGPS Rootからもデータ連携が可能になっています

手動で同期

最初に手動でReliveにデータを送る方法から。連携したいライドの画面を開いて、左下にある共有アイコンをタップします。すると下の画像のように共有先が表示されるので、ここで上から3つめの「Relive」を選びます。

LEZYNE GPS AllyからReliveへのデータアップロード

LEZYNE GPS AllyからReliveへのデータアップロード

ちなみにReliveのアプリがスマホに入っていないとここにReliveは出てこないので注意

すると右側の画面のように、ほんの一瞬ですが「Reliveとシェアしますか?」という質問が表示されます。これは翻訳ミスらしく、特に何もする必要はありません(というか何もできません)。恐らく「Reliveとシェアしました」という意味だと思います。実際、しばらくするとReliveにデータが送られているのを確認しました。

LEZYNEのGPSアプリからReliveにデータを送って動画を作れた!

LEZYNEのGPSアプリからReliveにデータを送って動画を作れた!

自動で同期

ただ、いちいちこんなことをしなくとも、これからの走行ログをすべて自動でReliveに送ることもできます。アプリ右下の「設定」から「アプリの設定」を選ぶと、画像左下の画面が出ます。ここで「Reliveの自動同期」を選べるので、ONにします。

Reliveとの自動同期とKomootとの接続

Reliveとの自動同期とKomootとの接続

これでLEZYNE GPSのデータをクラウドにアップすると、以後はReliveにもデータが自動的に反映されます。その後にReliveアプリを開いて動画作成、という手順です。PCで.gpxファイルをインポート・エクスポート…という手間が省けていいですね。

参考までにKomootと連携したい人は、アプリ右下の「設定」を押すだけでKomootとの接続アイコンがあるので、それをタップするとダイアログが出ます。アカウントの同期が取れるとKomootで作成したルートをLEZYNE GPSに転送できるようになる、というわけです(ターン・バイ・ターン・ナビゲーションと、GPSのモデルによっては地図上にナビゲーション・トレイルのオーバーレイが可能)。

ReliveとKomootのユーザーはどのくらいいるの?

ところでReliveとKomoot、日本のサイクリストの皆さんはどのくらい使われているのでしょうか。ちょっとアンケートを実施してみました。

結果としてはアンケート回答者の約30%くらいの方がRelieveを使われているようです。Komootユーザーはかなり少ないですね。

ちなみに記事の最初で紹介したLEZYNEのプレスリリースによると、Reliveのユーザーは現在全世界で700万人以上、Komootのユーザーは1000万人以上だそうです。世界的に見るとKomootユーザーのほうが多いみたいですね。どちらも無料で使えるオプションがあるので、お暇な時にでも試してみてはどうでしょうか。

Reliveはスマホアプリで動画を作成するのですが、スマホで撮った写真を要所要所に自動で埋め込んでくれたり、音楽を付けたりできます。ただし無料版だと編集は1回しかできず、動画も解像度が低いです。充実した編集機能を使って高画質な動画に仕上げたい場合は有料版へどうぞ、という仕組みです。

無料版でも十分楽しいので興味のある方はやってみてくださいね。

豆知識:
Reliveは日本では「リライブ」という読み方が定着しつつあるようですが、英語圏では「リリーブ」と発音されることが多いようです。意味は「追体験」です(=「再び生きる」から)
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました