GPS・サイコン

激安GPSのXOSS G+に弟分「XOSS G」が生まれていた(2700円安い!!)

激安のわりにかなり使えることで人気のGPSサイコン、XOSS G+。私も愛用しています。販売価格は3500〜4500円くらいと幅がありますが、心拍もケイデンスも表示できてバックライトもあってデータもスマホ経由でStravaなどにアップロードできる…ことを考えるとかなりお値打ち感のある中華製品。

XOSS G+

このXOSS G+については下の記事で詳しく紹介されているので、まだご存知ない方はそちらをご覧いただくとして…

ヒット商品の研究:XOSS G+はなぜバカ売れしているか
XOSS G+という低価格GPSサイコンがバカ売れしています。面白い製品だなと思い、実際に買って使って記事で紹介したところ、CBN Blog経由で2日間で70個売れました。恐らく今月末には100個くらい売れていると思います。 ...
噂の3,000円サイコン「XOSS G+」は、日本語マニュアル無しなので、手順のまとめに挑戦してみた。
こんにちは。倉田亜…すみません、すみません、などかずです。 XOSS社のGPSサイコン、「XOSS G+」。スマホ連携機能を持ったGPSサイコンなのに、税込み2,950円(執筆当時、Amazon)という、ありえない価格の一品です。 ...
XOSS G+のログをStravaに同期する方法を発見!クセのある動きをしていたことが判明
GPSサイコンながら実勢価格が3,000円前後という驚異のコストパフォーマンスを誇るXOSS G+。 しかし下の記事で詳しく紹介したように、2つの大きい欠点がありました。 オートポーズをOFFにできないバグ...

このXOSS G+になんと「弟分」が登場していたことが判明しました!

ハートレートとケイデンスの表示を省いたモデル

左下がリトル・ブラザーの「XOSS G」です。右側は私のXOSS G+。一体何が違うのか?

XOSS GとG+の比較

はい、私のXOSS G+の白い線で囲った部分にはうっすらと「HR」と「CAD」の文字が見えますね。XOSS Gにはこれがありません! つまり心拍計とケイデンスは非対応。機能が限定されています。

その分さらに安くなっていて、この記事を書いている時点での価格は¥1,950です。や、安すぎ!! ANT+センサーを搭載しないだけでこれだけコストカットできるんですね。

それ以外はほぼ同じで2,700円安い

兄のXOSS G+と他に何が違うのか。ぱっと見たところ、XOSS Gは「IPX7」と誇らしげに宣伝しています。でも商品説明をよく読むとG+もちゃんとIPX7対応です。GPSが北斗・GPS・GLONASS・Galileo対応なのも同じ。公称駆動時間が25時間なのも同じです。

画面の切り替えは3つあり、それぞれ「平均速度・標高・斜度」、「現在速度・経過時間・距離」、「最大速度・時刻・オドメーター」の組み合わせになっているようです。これもG+の画面から心拍・ケイデンスを省略しただけで、同じです。個人的には、これはとても使いやすい画面構成です。

この記事を書いている時点でG+は少し値上がりしていて、¥4,650。それに比べると弟は1,950円と、2,700円も安いですね。G+は3,500円くらいで売っている時期も長かったので、それと比べても1,500円くらい安いです。

通勤や通学、ポタリングで使うような場合はケイデンスや心拍計は使わない方も多いでしょう。でも走行ログは残したい。そんなユーザー向けの「G+のライト版」という感じでしょうか。

これから電車をやめて自転車通勤しようかな、などと考えている方の最初のサイクルコンピューターとしてもとても良いと思います。これで物足りなかったり不満が出てきたら、LEZYNEやGARMIN等を検討すると良いでしょう。

著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました