【開催中】Amazon Black Friday ビッグセール
よみもの

自転車キャンプで使うテントは1人用それとも2人用どちらを選ぶべき?

これから自転車キャンプをはじめてみたい、という方がテント購入の際に迷う項目として「1人用と2人用のどちらがいいんだろう」というものがあると思います。この記事ではそれぞれのメリット・デメリットを考察します。結論を先に言えば「楽しみ方・時間の過ごし方」によって選択は変わり、どちらかが「正解」というわけではないと思います。

2人用テントの中はこんな感じ

写真を見ながら考えていきましょう。これは筆者が今年自転車キャンツーでよく使っていた2人用のテントです。2人で1つのテントを使うのであれば2人用以上が良いのは当然ですが、2人用でも2人寝ると余裕はあまりありません。2人用のテントは「人間1人が周囲に荷物を配置した状態でまあまあ動ける」程度のスペース、と考えたほうが良いと思います。

Naturehike CloudUp2の内部

2人用のテントに寝袋を2つ並べて眠ると、隙間に荷物を置くのは可能ですが結構キツキツになると思います。2人用を1人で使うならバッグやザック、身の回り品もラクに置けます。

雨が降ってくると、この広さのありがたみを特に感じます。濡らしたくないものを手早くテントの中に撤収できるからです。また折り畳める小径車であれば、中に入れてしまえば野ざらしにせずに済みます。1人用だとこうは行きません。

Naturehike CloudUp2の内部

Dahon, Birdy, Bromptonといった折りたたみ小径車での自転車ソロキャンには、2人用テントだというこういうメリットもあります。ちなみにロードバイクはさすがに入りません。

1人用テント・2人用テントのメリットとデメリット

かと言って「2人用が最高だ!これが唯一の正解!」とは思いません。私はたまたまいま2人用テントが便利だと感じていますが、1人用にもメリットがあります。以下、1人用テント・2人用テントそれぞれのメリットとデメリットを書き出してみます。

1人用テントのメリットは次のようなものがあるでしょう。

  • 2人用よりも軽量である(同メーカー同一ラインナップの場合)
  • 収納時のサイズが2人用よりも小さい(同上)
  • 接地面積(フットプリント)が比較的小さくなるため、混雑したキャンプ場や狭いスペースにも設営しやすい

デメリットは

  • 生活空間が狭くなる(自明)・故に中で動きにくい・圧迫感がある

2人用テントのメリットは

  • 2人でも寝られる(自明)
  • 生活空間が広い・故に中で余裕を持って動ける(着替えもしやすい)・モノを多く置ける

デメリットは1人用テントのメリットの裏返しで、

  • 1人用よりも重くなる(同メーカー同一ラインナップの場合)
  • 収納時のサイズが1人用よりも大きくなる(同上)
  • 狭いスペースだと設置しにくくなる

しかし設置スペースについては、自転車キャンプで問題になることはあまり多くはないかもしれません。登山の場合では、人気のある山のテント場がハイシーズンの週末に超混雑していて設営場所に困ることはありますが、自転車で深刻な問題になることは多くない気もします(勿論場所によるので一概には言えません。地形の問題もあります)。

テントの中で過ごす時間と泊数も考慮する

1人用テントと2人用テントの重量差は、同メーカー同一ラインナップの場合で大体100〜300g前後ということが多いと思います(2人用が2倍の重さになるわけではない)。また2人用は収納袋に入れた時に少し太くなったり、ポールが長くなります。しかし自転車で運ぶ場合、それらはあまり大きい問題にはならないというのが私個人の感想。

結局のところ「テントの中で過ごす時間がどのくらいか」で選ぶのが良いのではないかと私は思います。たとえば「テントの中にいるのは眠っている時だけ」だったり、1泊だけの時は軽量コンパクトさを優先して1人用テントのほうが良いという場合があるでしょう(さらにこの場合、通気性の良いダブルウォールをやめてより軽量なシングルウォールモデルにする手もあり)。

逆に連泊する場合はテント内で快適に過ごせたほうが旅が楽しくなるでしょうし、睡眠も快適な環境でしっかり取ったほうが体力も維持できるので、居住性の良さを優先してソロでも2人用テントを選ぶ。という考え方もあると思います。また雨が降ってしまったらテントの中で過ごさざるを得ない場合が多いでしょう。

テントに入るのは寝袋に入る時だけ、あとはランプも使わずに日の出まで寝るだけ。という場合なら1人用も全然ありな選択だと思います。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました