F-TUBAMEのサイクルグローブは安かろう・結構良かろう

F-TUBAMEというメーカーのサイクルグローブを紹介します。メーカー名は「エフ・ツバメ」と読むんでしょうか。中華メーカーだと思いますが、このグローブ、数年前からamazonのサイクルグローブ部門のベストセラーに君臨しているので有名です。使っている方も多いはず。

F-TUBAME サイクルグローブ

極寒でなければ冬でも使える

保温性は、厳冬期には若干物足りない感じですが、晩秋と初春にはぴったりです。昼間に16度くらいまで上がってしまうと暑いのですが、そういう日でも朝と夕方が異様に寒かったりしますよね。そういう時に最適。

アッパーが裏起毛になっているので、風が強くなければ真冬でも行けます。その意味ではかなり長い季節使えます。

これは2シーズン目に入った個体です。¥1,480で買いました。最近、脱ぐ時に少し乱暴に扱ったら手首のあたりで「ビリッ」という音が聞こえ、少し破れかけました。脱ぐ時は、手首の端だけつまんで引っ張らないようにしましょう。耐久性は、あまり高くないようです。

F-TUBAME サイクルグローブ

ファストファッション・サイクルグローブ

大事に使えば3シーズン使えるグローブだと思います。しかし値段を考えると2シーズン持てば十分という気はします。

結局、パールイズミやカステリやアソスやエチェオンドのような高級グローブは、値段が高いだけあってかなり長持ちします(おっと、アソスはそうでもないかw)。安いものは耐久性がそれなりです。F-TUBAMEはファストファッションです。洋服でいうと、GAPに近い印象です。

このグローブ、はめたままスマホの画面をいじることができました。できました、と過去形で書いているのは、洗濯を繰り返すうちにできなくなってしまったからです(笑)。なのでこのグローブをしたままスマホを操作し続けたい人はあまり洗濯しないほうが良いかもしれません… ってそれは無理な相談ですよね。

グローブとしての基本性能はとても良い

それはさておき、このグローブはグリップがすごくいいんですよ。指の下にも手のひらの部分にも絶妙な厚みの滑り止めがあります。ちゃんとハンドルバーを握ることを考えて作られています。衝撃吸収性も優秀です。手の甲側の伸縮性もなかなか良いです。

欠点は、先にも書いたように耐久性です。大事に扱わないと壊れやすいし、洗濯すると人差し指と親指のタッチパネル対応エリアがすぐ寿命を迎えます。

でもそれ以外のグローブの基本機能はバッチリですね。親指の付け根で汗もちゃんと拭えます。路面からの突き上げがきつい小径車で秋冬にサイクリングしたい方にもオススメです。ホカホカでフカフカです。

先にも書いたように、厳冬期に自転車通勤をするような場合はそれ用の防風性・防寒性のより高い立派な製品を別途持っていたほうが良いと思いますが(パールイズミなどが良いでしょう)、冬でも日が暮れて暗くなる前のサイクリングならこれで全然いけます。

はじめての冬用グローブとして、あるいは街乗り用のサブとしてなど、良い選択肢ではないかと思います。

この記事を書いた人