Amazon Music Unlimited 30日間無料お試し
バッグ

TOPEAKのトランクバッグが気になる俺のためにあの難解なラインナップを整理する

はじめてのリアキャリアとしてTOPEAKスーパーツーリストDXという製品を使っています。下の記事で詳しく紹介しました。

はじめてのリアキャリア選び TOPEAKスーパーツーリストDXが簡単でとても良い
最近リアキャリアとパニアバッグに興味を持ちはじめました。はじめて買ったパニアバッグについては、先日以下の記事で紹介しました。シンプルなバッグですが、今のところとても満足しています。 しかしバッグを載せるリアキャリアの選択では紆...

するとちょっと気になるのがこのキャリアに対応したTOPEAKの専用バッグ。どうも「MTX」や「RX」というシステムのバッグを簡単に載せられるらしい。

TOPEAKスーパーツーリストDX

TOPEAK専用バッグ(MTX, RX)にも当然対応

そんな専用品があるのか… た、試してみたくなるじゃないか…

しかし調べてみるとTOPEAKのキャリアバッグ(同社では「トランクバッグ」の名称になっている)は、MTXやRXやDXPやEXPやDXやEXといった略語が付いているのものが多く、ぱっと見た感じ、難解で意味不明です。そこで自分に合ったものを探すために下調べしてみました。

QuickTrackとは

まずQuickTrackについて。これはトピーク製キャリアの溝にサッと入れて先端のプラスチックパーツでロックするというシステム。下の動画を見るとわかりやすいです。

ストラップも不用で、短時間でスマートにバッグを装着できるシステム。Slide, Click and Go !

そしてQuickTrack対応のバッグには”MTX”と”RX”の2つのタイプがあるのでした。

TOPEAK製リアキャリアとトランクバッグの互換性はこのページで詳しく見られるのですが、それを見てわかるのは

  1. MTX対応のラック(チューブラック・ビームラック)は、パニアバッグのように両サイドが下に展開しないバッグであればMTX対応バッグ・RX対応バッグの両方をそのまま載せることができる
  2. MTX対応のチューブラックはすべてのMTX対応バッグを載せることができる
  3. RX対応のラック(ビームラック・ローディラック)には、すべてのMTX対応バッグを装着できない

ということです。

例えば私がいま使っているリアキャリア「TOPEAKスーパーツーリストDX」というMTX対応ラックは、MTX対応バッグは勿論、RXバッグもすべてオールマイティに使えます。購入前にトピーク公式サイトの互換表を確認したほうが良いでしょう。

参考 ラックにスライドさせるだけの”簡単着脱” クイックトラックシステム 製品互換表

TOPEAKのトランクバッグの分類

さて、ここまででTOPEAKのQuickTrackという簡単着脱システムにはMTXとRXという2つのタイプがあることがわかりました。

今度はQuickTrack以外の部分を見ていきます。

まず、バッグのサイズには2種類あります。

  1. DX
  2. EX

DXのほうが大きいです。Deluxeの略でしょうか。EXは何の略だろう… とにかく「大きいのはDX」と覚えます。「DX」はメインコンパートメントが上に伸びて、収納量を拡張できます。旅行の時に着替えなどを入れられるでしょう。

MTX Trunkbag DX

DXはメインコンパートメントが上に拡張できる © TOPEAK

さらに「DXP」や「EXP」などという略称が付されたモデルがあります。この最後の「P」は恐らく「Pannier」(パニア)のPで、両サイドのポケットを展開させるとパニアバッグ状になるモデルとなっています。上のDXとEXにはそれぞれこのタイプがあるわけです。

  1. DXP(パニア化する大きいほう)
  2. EXP(パニア化する小さいほう)

ここまで整理すると自分に合った製品が選びやすくなると思います。TOPEAKのトランクバッグのすべて(バスケットを除く)を一覧表にしてみました。容量や重量情報、特徴も入れてあります。

製品名 容量 重量 特徴
MTX トランクバッグ DXP 22.6L 1.16kg シリーズ最大。サイドがパニアに
MTX トランクバッグ EXP 16.6L 1.195kg サイドがパニアに
MTX トランクバッグ DX 12.3L 985g サイドポケット大。上に伸びる
MTX トランクバッグ EX 8L 870g サイドポケットは期待できず
MTX トランク ドライバッグ 12.1L 930g 完全防水
RX トランクバッグ DXP 7.3L 755g サイドパニア化。上に伸びる
RX トランクバッグ EX 2.8L 570g シリーズ最少
トランクバッグ DXP (ストラップ マウント) 22.6L 995g ベルクロストラップ固定タイプ
トランクバッグ EX (ストラップ マウント) 8L 645g ベルクロストラップ固定タイプ

MTX トランクバッグ DXが気になる

こうして見ると、私はいまオルトリーブのパニアバッグを持っているのでDXPやEXPにはとりあえず興味がありません。するとサイドがパニアバッグにならない、ラックに載せるだけのトランクバッグとしては以下の5つが選択肢に残ります。

  1. MTX トランクバッグ DX
  2. MTX トランクバッグ EX
  3. MTX トランク ドライバッグ
  4. RX トランクバッグ EX
  5. トランクバッグ EX (ストラップ マウント)

このうちストラップマウントの製品は却下。せっかくならMTXやRXシステムを使ってみたい。しかしRXというのはもともとビームラック用の製品のせいか、荷室の容量が少ないですね。

カメラを入れたいので完全防水の「MTX トランク ドライバッグ」は良さそうです。しかし「MTX トランクバッグ DXのサイドポケット」がかなり便利そうで、そちらのほうが気になります。雨対策は別売りのレインカバーで対応したほうが良さそう。

TOPEAK(トピーク) レインカバー('08年 MTX トランクバッグ EX&DX用)
トピーク(TOPEAK) (2011-11-30)
売り上げランキング: 145,628

「MTX トランクバッグ DX」と「MTX トランクバッグ EX」のどちらが良いだろう。これはいろいろ調べると、「EX」のサイドにはジッパーがあるけれどほとんど紙のようなものしか入らないという意見があり、容量も中途半端という声が。

すると自分に向いているのは「MTX トランクバッグ DX」のような気がしてきました。中仕切りがひとつあるので、片側にカメラを入れる。もう片側には輪行セット一式を入れる。両サイドのポケットには、財布やスマホなどの小物。

メインの荷室を拡大すれば、1泊の旅行などで着替えを入れられるかもしれない…

はい、買いました。

トピーク MTX トランクバッグ DX リアバッグ
トピーク
売り上げランキング: 67,670

詳しい紹介記事は下のリンクから読めます。

TOPEAK「MTXトランクバッグDX」が便利すぎて感動した話
TOPEAK(トピーク)の「MTXトランクバッグDX」という製品を手に入れました。トピークのリアバッグ・パニアバッグはシステムや型番がぱっと見た感じわかりにくいので、下の記事で詳しく観察してみました。 その結果いま自分が使いた...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました