よみもの

ロードバイクのステムの適切な長さは? 超テキトーな案内図を発見

ロードバイクのステムの長さに、果たして正解はあるのでしょうか。ロードバイク完成車は大体100mmのステムが付属することが多いと思います(フレームサイズが小さくなると90mmくらいになったり、大きい場合は110mmのこともあるかもしれません)。

自分にとっての適切なリーチ以外にも、良好なステアリングのことを考える必要はありますが、まぁざっくり言えばこんなとこだ、みたいな超テキトーなビギナーズ・ガイドをインスタで見かけたので紹介します。

アマチュアは90mm、プロは120mm?

まずは下の画像をご覧ください。ぱっと見た感じ、いちばん下は90mmくらいでしょうか(若干90mmより長いような気も)。とりあえず90mmとすると、そこから10mm刻みで100mm, 110mm, 120mm, 130mmのステムが並んでいます。

それぞれのサイズはこんなふうに説明されています。

  • 130mm:バイクのサイズを間違えている
  • 120mm:プロ
  • 110mm:将来腰を痛めるアマチュア
  • 100mm:速いアマチュア
  • 90mm:アマチュア

これは直感的になかなかわかりやすい説明だと思いました(笑)。背の高い人だと120mmステムを使われる方は珍しくないですし、初心者の場合は前傾姿勢がきついので90mmにしました、という方も多いと思います。

130mm以上のステムを使うプロ選手たち

130mmを超えるステムだとそもそもワンサイズ大きめのフレームのほうが良いのではないか、と言われることが多いようですが、プロのサイクリストではこういう異様に長いステムを使う選手もいるんですよね。

  • ゲラント・トーマス… 131mm Shimano Pro Vibe(出典
  • アルベルト・コンタドール… 130mm FSA OS 99(出典
  • ファビアン・カンチェラーラ…140mm Bontrager Race XXX Lite(出典

マーク・カヴェンディッシュは、現在120mmのステムを使っているようですが、2014年のツール・ド・フランスでは52cmのフレームから49cmのフレームに換え、140mmステムで乗っていたそうです(出典)。

市販のステムでは短いもので80mm、長いものでは140mmが上限だと思います。ただ短いものはわりと入手しやすいと思いますが、130mm以上のステムになると実際は在庫が少なくて苦労される方も多いのではないでしょうか。

角度の話

上の投稿にはこんなおもしろいコメントもありました。

画像、上下を逆にして投稿してしまったね。自分のステムはどれだろうって見る時にスマホをひっくり返さないといけなかったよ

確かにコンフォートな乗り方をする人はステムを逆付けすることもありますよね。高さが足りない人向けには、下のように異様にアップライトなステムも存在します(試しに使ってみたらもう全然ロードバイクとは違う乗り物になったのでお蔵入りになりましたw)。

Veno トップクロウズドステム

反対に、乗車時の前方投影面積を小さくして、空気抵抗を減らしたい場合は低い角度のステムにすれば良いわけです。プラス、長いステムを使ってポジションを「低く・遠く」するのは競技系の人に多くなりますね。

長さとステアリング特性の話

ちなみにステムの長さによってハンドリング特性がどう変わるかは、ホイールベースのそれと似ていて、長くなるほど鈍重に(あるいは安定的)になり、短くなるほど機敏になると言われます。

ロングライドやツーリング志向の方なら長めのステム、コントロール性重視なら短めのステム、ということが言えます。

いちばん多く使われているのは実際どれ?

ところで中央値はどのくらいなんだろう、と思い、アンケートを実施しました。あなたがお使いのステムの長さは何mmくらいでしょう。是非教えてください。

ステムの高さについては、こちらに関連記事があります。是非あわせてお読みください。

ロードバイクのベタ付けステムは若者の特権
ロードバイクのステム下のスペーサー、皆さんは合計何mmでしょうか。そして何枚でしょうか。スペーサも1mmから20mmくらいまでいろいろありますが、このスペーサーたち、実は「木の年輪」みたいなものではないか、という投稿をインスタで見つけました...
プロ(PRO) LTステム 31.8mm/120mm/+-6度 ブラック
プロ(PRO)
売り上げランキング: 4,446
著者

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました