ボトル関連

ボトル関連

Canyon Grizlのボトルケージ位置が近すぎてボトルを2本挿せないのは製造ミスでしょうか?

Canyon Grizlのサイズ2XLを買った方が、手持ちのボトルケージを取り付けたところ2本のボトルが干渉してしまい、奥までちゃんと入らない。ボトルケージはいちばん高いところに取り付けてある。製造ミスか何かでしょうか? と海外掲示板で質問...
製品レビュー

ナルゲンボトルの魅力:冬は「湯たんぽ」としても使える美しい水の運搬容器

キャンパーやハイカーのあいだでは知名度の高いナルゲン。MADE IN USAのボトルです。落としてもそうそう割れない丈夫なボトルではあるものの、ライド中に手に取りやすいものではないので常用しているサイクリストの方は少ないだろう… と思いきや...
製品レビュー

CAMELBAKポディウムチルとELITE FLY:全く性格が異なる人気のサイクルボトル2製品を比較する

スポーツサイクリング向けのボトルとして人気の高い「CAMELBAKポディウムチル」と「ELITE FLY」の比較レビュー的な記事です。実際に使ってみると、どちらも大きい特徴・長所のある優れたボトルだと感じます。どちらを選ぶかはサイクリングス...
ボトル関連

どのメーカーのボトルなら水漏れしにくいですか? 海外サイクリストの意見

水漏れしにくいおすすめのサイクルボトルは何かありますか、という質問を海外掲示板で見かけました。93件のコメントが寄せられており、水漏れのしにくさではCamelBak Podiumを推す声が多く見られます。以下、スレ主さんの質問。 Gi...
ボトル関連

Zéfalからユニバーサル・ボトルケージ「Z Adventure Cage」が登場 フレームにもフォークにも設置可

フランスのサイクルアクセサリー老舗・Zéfal(ゼファール)から新製品「Z Adventure Cage」が発表されました。円筒形の容器であればほぼどんなものにも対応できるユニバーサル・ボトルケージで、全長が長いものの運搬には特に便利そうで...
ボトル関連

Zéfal WiiZ は小さく狭いフレームでも使いやすいボトルケージ

Zéfal(ゼファール)のボトルケージ「WiiZ」(ウィズ)の紹介記事です。この記事で紹介した同社のPulse A2と並び、当ブログ読者のあいだで人気のある商品です。どんな特徴があるのか、見ていきましょう。 2つの特徴 ...
ボトル関連

ボトルケージ取り付け位置を上下にずらせるパーツってありますか?【あるよ SHIMANO SM-BA01 ほか】

ボトルケージの位置をもっと下げられたらなぁ、あるいはもっと上げられたらなぁ、と思ったことはありませんか。フレームサイズが小さかったり、トップチューブバッグを導入したらボトルがキツキツになったり等々、いくつかの理由でケージの位置を変えたくなる...
ボトル関連

ダウンチューブ下側のボトルケージは横から抜けるものを使ったほうが良いのでしょうか?

オールロードやツーリング系バイク、グラベルバイクの一部には、ダウンチューブ下側にボトルケージを増設するアイレットが設けられているものがあります。また、アイレットがない場合でもボトルケージ増設アダプターを使うことで、ここにボトルを増やすことが...
ボトル関連

Fidlock TWIST(ケージレス・マグネティック・ボトルシステム)を観察しよう

ドイツのFidlock社に「TWIST」というケージレス・マグネティック・ボトルシステムがラインナップされています。このうち「UNI CONNECTOR + BIKE BASE」という製品についてCBNにレビューが投稿されています。製品のメ...
ボトル関連

Zéfal Pulse A2 ボトルケージはホールド力が高く軽量 使っていて満足感のあるバリュー・フォー・マネーな良品

フランスの老舗ブランド・Zéfal(ゼファール)のボトルケージ「Pulse A2」の紹介記事です。当ブログ読者の方が最近Amazonでよく買われており、隠れ名品の予感がしたので試してみることにしました。Pulse A2は全部で7色あり、私が...
ボトル関連

サーモスの自転車専用設計ボトルが3ラインナップに拡充 特徴を押さえて自分に合った製品を選ぼう

保冷・保温ボトルで人気のサーモスから今月、自転車専用ボトルの新製品「サーモス真空断熱スポーツボトル(FJP-600)」が発表されました。これを含めると、現在サーモスには3つの自転車専用ボトルがラインナップされています。それぞれの特徴を踏まえ...
ボトル関連

サーモスの「山専用ボトル」で6時間後にカップヌードルを作れるのか試してみた

保温・保冷ボトルの最定番と言えばサーモスの「真空断熱」シリーズ。筆者も通常版・500mlのマグタイプを長らく愛用してきましたが、最近同社の「山専用ボトル」に買い替えたのでレビューします。サイズは500ml/750ml/900mlの3つから選...
ボトル関連

TNIの超軽量ボトルケージ JUST9とJUST7

今年のサイクルモードで楽しかったブースのひとつはTNIブランドを扱うトライスポーツ。おもしろいものをいろいろ触らせてもらったのですが、超軽量ボトルケージの「JUST9」(ジャストナイン)と「JUST7」(ジャストセブン)は持った時の軽さにビ...
ボトル関連

Bontrager Bat Cageは知る人ぞ知る隠れ人気商品?

Bontrager Bat CageのレビューをWTbさんがCBNに投稿して下さいました(レビューリンク)。これが結構良いものらしく、Twitterでは「愛用しているよー!」という声をいくつか見かけました。 オフロードでも落ち...
Tips & How-to

スポーツサイクルでもペットボトルを使いたい。どうすればいい?

エアロロードでサイクリングロードをガチで往復してくる、なんていう時は普通のサイクルボトルでいいですよね。でももう少しゆるいライド、ツーリング的なライドを楽しむ場合、自動販売機のドリンクを利用したいと思うことがあります。 ポタリ...
タイトルとURLをコピーしました