Amazon ブラックフライデーセール開始!
バッグ製品レビュー

リアル店舗で出会った名品 TOPEAK TopLoaderというトップチューブバッグ

トップチューブバッグを買いました。TOPEAK TopLoader(トップローダー)という製品。

リアル店舗で出会った名品 TOPEAK TopLoaderというトップチューブバッグ

トピークのトップチューブバッグ的なものには他に「トライバッグ」や「フュエルタンク」というラインナップがあります。こういうの。

TOPEAK(トピーク) TriBag(W/rain cover) トライバッグ (レイン カバー付) ブラック
トピーク(TOPEAK) (2011-11-01)
売り上げランキング: 74,938

 

 
後述する理由でトップチューブバッグを使いたくなったので、お店を物色していたのですが、「トライバッグ」はまず却下。なぜなら私の大きいiPhoneが入らないから。

じゃあフュエルタンクはどうかいうと、機能的には申し分ないのですが、いかんせんちょっとゴツい。主張が強すぎる・存在感が大きすぎるのであります。私の自転車には残念ながらミスフィット。

しかしお店でこのトップローダーと出会ったのでした。これは上のフュエルタンクのLサイズと同じ容量0.75Lです。そして1,000円くらい安い。大きさは若干こちらのほうが小さいと思います。そして見た目がこちらのほうが威圧的じゃないのです。手に取ってすぐ、気に入りました。

リアル店舗で出会った名品 TOPEAK TopLoaderというトップチューブバッグ

内部には小さいベルクロ式の中仕切りがあるのですが、私の場合これは外して奥のほうにしまっておくことにしました。

リアル店舗で出会った名品 TOPEAK TopLoaderというトップチューブバッグ

サイドコンパートメントにレインカバーが入っているんですよ。これが素晴らしい。ないとダメ。だってiPhone入れるから。

リアル店舗で出会った名品 TOPEAK TopLoaderというトップチューブバッグ

iPhoneのデカいやつが入ります。こうやって見るとギリギリですが、実際は余裕で入ります。あとフュエルタンクのMサイズをお店で触ってみたところ、このiPhoneは入りませんでした。

リアル店舗で出会った名品 TOPEAK TopLoaderというトップチューブバッグ

「例のポンプ」も一緒に入ります。iPhoneと一緒に入れても余裕があります。これに家のカギ、小銭入れ、プロテインバー的な補給食も入ります。小さいワイヤーロックも入ると思います。

リアル店舗で出会った名品 TOPEAK TopLoaderというトップチューブバッグ

何のためにこのトップチューブバッグを買ったかというと、いちばんの理由は「写真を撮りたいときにサッとスマホを取り出せるから」。これです。

単に少し多めのものを携帯するだけなら大型サドルバッグやシートバッグで良いわけです。でもそこにスマホを入れておくのは面倒。ジャージの背中ポケットだと蒸れが心配。あと雨が降ったら心配。

さらにです。このサイズのバッグだと、RICHO GR系やSONY RX100系のカメラ、あと小さめのレンズがついたマイクロフォーサーズなら入るのです。標準ズームはそのままだと無理かもしれないけど、パンケーキを付けたPENとか行けます。FUJI X100系も入るでしょう。写真を撮るのにやっぱりいいんですよ。レインカバーがあるので万一の雨でも安心。

カラーと六角形のアミアミのデザインはオルトリーブとよく似ています。だからこの2つは併用しても統一感があまり損なわれないのも良いところ。この製品、旧バージョンはロゴにイエローが入っているのですが、この新版ではグレー基調なので個人的には多くの自転車に合わせやすいと感じています。

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ S スレート
オルトリーブ(ORTLIEB) (2014-03-07)
売り上げランキング: 90,993

基本的に私は通販で買いますが、こういう感じの、そのお店に行かなかったら出会えなかったはずのものについては、お店への感謝を込めてちゃんとその場で買います。このトップローダー、トピーク製品にもこんな落ち着いた感じのいいものがあるのか、と新鮮な発見でした。こういうことがあるので、やはりたまにリアル店舗に行きたくなります。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました