青い色の自転車工具が姿を消しつつある理由

最近あれ、おかしいな、と思ったことがあります。それはTacxのツール、自転車整備工具に関することです。これは私が所有している同社のブレーキシューチューナー。水色っぽい青色が印象的です。

青い色の自転車工具が姿を消しつつある理由

この製品、最近どうも色が変わってグレーになったらしいのです。

Tacx(タックス) BRAKESHOE TUNER
Tacx(タックス)
売り上げランキング: 5,847

え、なんでだろう、と思いました。Tacxのツールは「水色または黒に水色の差し色」というイメージを持っていました。気になったので公式サイトを眺めてみると…青い製品が消えています。

青い色の自転車工具が姿を消しつつある理由

© Tacx

調べていくうちにBicycle Retailerでこんな記事を発見しました。

Park Tool sues Real World Cycling over tool color
パークツール社、ツールカラーをめぐりリアルワールドサイクリング社を提訴

北米の小さい自転車工具メーカーが青色のツールを販売していたところパークツール社に訴えられた、という内容です。それによると「PANTONEカラーコード2935」とその周辺の12のカラーシェードはパークツールの商標権の一部になっているようです。

えっ色が商標権に含まれるの? と思って調べたら、こんな記事に至りました。

Park Tool ‘Blue’ Granted U.S. Trademark
パークツール「ブルー」は米国特許商標庁により認可

それによると米国特許商標庁は1931年以降、1,329の企業に対して色に関する商標権を認可してきた。そのうち967が現存する企業で、パークツール社はそのうちのひとつ。そして自転車産業界では唯一「色の商標権」を認められている会社なのだそうです。

つまり法律で確実に守られているので、少なくとも北米の会社は「パークツールっぽい青色」のハンドツール、測定器具、ポンプ、クリーニング用品を出せないようです。そしてパークツールは多くの企業と一応話し合いで問題を解決するものの、交渉が決裂したら訴える、というわけです。

上記の「Real World Cycling」という会社は訴えられたパターン(現在も係争中)。そして、これは想像ですがTacx社はパークツールとの協議の結果、青色の使用をあきらめた、という事情があったのではないか。

青色の自転車ツールはたくさんあります。Tacx以外にも、最近姿を見なくなったCyclus。そしてシマノ。シマノの工具もかなりヤバい。青いものがいっぱいあります。

青い色の自転車工具が姿を消しつつある理由

そしてWiggleやCRCが展開するX-TOOLS。これはかなりパークツールに寄せてるけど、大丈夫なのか…

青い色の自転車工具が姿を消しつつある理由

青色の自転車工具=高級品というイメージ

青色の自転車工具は高級品である、というイメージがあるのは間違いないでしょう。そして、そういうイメージはパークツールがつくったのは疑いようがないでしょう。パークツールの気持ちもわからないではありません。しかし色に商標権が認められていることには驚きました。起こっていることはスペシャライズド社による「Roubaix」商標と同じです。あちらは地名、こちらは色。

スペシャライズドが北米で「ルーベ」(Roubaix)という名前のロードバイクを売れなくなるかもしれない事態が少し前に発生していたようです。し...

そういえばシマノはロゴが青色です。青色が入った工具もたくさん出していて米国法人もあるので、やはりパークツール社とは何らかの話し合いが行われたのでしょうか。

パークツール(ParkTool) サイクロン チェーン洗浄システム CM-5.2
PARKTOOL(パークツール) (2012-11-01)
売り上げランキング: 4,695