ブロンプトンを仏式チューブで運用する時におすすめのスペーサー

ブロンプトンの純正ホイールで仏式(プレスタ)バルブのチューブを使いたい場合、もともと米式(シュレーダー)バルブ用に切ってあるリムのバルブ穴を小さくするスペーサーを使う必要があり、それにはいくつか種類があるのですが、私が個人的にオススメするタイプのものを紹介します。

Presta Stem Saverというタイプ

まずはこちらをご覧下さい。黄色いリムテープの下の銀色のパーツです。これは私が自分で入れたものではなく、納車時にショップに入れてもらったものです。2年以上使っていますが、非常に安定していて、バルブの根本が傷んでパンクした、ということもありません。

Presta Stem Savers

ブロンプトン純正の黄色いリムテープ(新しいものに交換するのでハサミで切ってしまいました)を剥がすと、バルブ穴にこんなふうに埋まっています。ちなみに、黄色いリムテープの下にはさらに青いテープが貼ってありました(むかしはこんなふうに二重にはなっていなかったような気が)。

Presta Stem Savers

取り出すと、こんな筒型のパーツです。バルブの上側の隙間だけを埋めるのでなく、下側とリムを貫通する部分も仏式バルブのサイズぴったりになるので、構造的に根本がぐらつくということがありません。

Presta Stem Savers

ただこのパーツ、調べてみてもすぐには出てきません。ブロンプトン乗りの方でも他のパーツを使っている人が多いからでしょうか。

アメリカのWheels Manufacturingが”Presta Stem Savers”というパーツ名で売っているものが同じです。これは定価が2個で$3.25。日本でも取り扱いがあるはずですが、通販だといま見つかりません(昔はamazonでも売っていたらしい)。アメリカのamazonでは売っています。

しかしブロンプトンの補修パーツで有名なCYCLETECH-IKDのサイトで、”Rim Convertor Shraeder Valve to Presta Valve”という名前でほぼ同じものに見えるパーツが売られています。欲しいかたはこちらから買ったほうが早いかもしれません。

shop Rim Convertor Shraeder Valve to Presta Valve (CYCLETECH-IKD)
shop Presta Stem Savers, Bag of 2 (Wheels Manufacturing)

リムテープの下に入れよう

こんなふうに仏式バルブを差し込んで…

Presta Stem Savers

反対側は仏式チューブ付属のバルブナットをきちんと締めこみます。これでバッチリ。

Presta Stem Savers

ただ、このパーツはリムテープを貼る前に入れておいたほうが良いです。もし先にリムテープを入れてしまった場合は、テープをちょっと持ち上げてこれを入れてあげましょう。

Presta Stem Savers

こうするとバルブの根本まわりに負荷がかからないと思います。ちなみに新しく貼ったリムテープはシュワルベのハイプレッシャーリムテープ(18インチ用となっていますが16インチのブロンプトンホイールに適合します)。

パナレーサーのスペーサーはどうか

恐らくブロンプトンを仏式チューブで運用している方の多くは、下の「パナレーサー NTスペーサー」のようなものを使われていると思います(キャプテンスタッグなどからも類似パーツが出ています)。私もかなりむかし使っていたことがあります。

Panaracer NTスペーサー
Panaracer NTスペーサー

posted with amazlet at 20.02.07
Panaracer
売り上げランキング: 111,918

このタイプのスペーサーは、下の画像のようにバルブの上から被せて穴を埋めるのが一般的です。ただ調べたところ、某有名自転車ショップのサイトではこのスペーサーをあらかじめバルブの根本に装着した状態でリム穴に入れ、反対側をチューブ付属のバルブナットで締める(上下から挟む)、という方法も紹介されていました。

どの方法がベストとは言えないかもしれませんが、少なくとも上からパナレーサーのスペーサー的なものをかぶせるだけの場合、そのうち緩んできてしまい、バルブステムが斜めになっていることがあるので注意が必要です。するとバルブの根本がストレスを受けてそこからパンクするリスクが高まります。

というわけで、もし入手が可能であれば個人的にはWheels Manufacturingの”Presta Stem Savers”やCYCLETECH-IKDの”Rim Convertor Shraeder Valve to Presta Valve”のようなものを選んだほうが良いと思います。いちばん安定すると思います。

この記事を書いた人