ロード・グラベル・ホイールは
スイスの名店ベラチスポーツで

BELLATI SPORTを見る
ウェア関連製品レビュー

Morethan 冬用・裏起毛イージータッチ(GVP-002):人差し指と親指だけ剥ける便利グローブ

3.5

Morethanの「人差し指と親指をワンタッチで露出できる」グローブのレビューです。同社のこのタイプのグローブには薄手の「GVP-003」と、より厚手で「冬用」の記載がある「GVP-002」の2種類があるのですが、本記事は後者GVP-002のレビューです。CBN本館にはtsutaさんによるGVP-003レビューがあるので、そちらと併せてお読みいただけると幸いです。

Morethan サイクリンググローブ 冬用 裏起毛 スマホー対応 イージータッチ GVP-002

グローブを着脱せずに細かい作業ができる

このグローブの最大の特徴は、何と言っても人差し指と親指だけペロッとめくれるところ。スマホ操作に対応した静電容量式のフルフィンガーグローブは各社から多数出ていますが、このタイプは指紋認証が必要なスマホや、カメラのボタン・ダイヤル操作などで特に便利です。釣り人にも人気のようです(エサの付け外しがしやすいらしい)。ポケットの小銭も探りやすい。

Morethan サイクリンググローブ 冬用 裏起毛 スマホー対応 イージータッチ GVP-002

私はマイクロフォーサーズという小型のミラーレスカメラをよく使うのですが、ボタンが小さいのでメニュー操作ではかなり便利だなと感じています(薄手のグローブでもよく操作ミスが起こります)。GoProの操作ではさらに活躍してくれます。

人差し指の先端は、めくった時にマグネットで反対側に固定できる仕様になっています。しかしこのマグネット、私の個体の問題なのか左手側の磁石の1つが弱く、最初は何度かくっついたのですが今では無反応。右手側は大丈夫。当たり外れがあるのかもしれません。個人的にはなくても構わない機能ではありますが、ここはちょっと減点(申し出れば交換してもらえそうですけど)。

2022/1/11追記:人差し指先端側のマグネットが内部で裏返り、磁極が逆になっていたのが原因でした。外側から裏返したところ(動かせるスペースあり)復活しました
Morethan サイクリンググローブ 冬用 裏起毛 スマホー対応 イージータッチ GVP-002

白丸で囲った部分にマグネットが仕込まれています

また指先を覆っていると、折り返し部分の厚みが他の指と違うため、使用開始直後は違和感がありました。親指側はそれほどでもないのですが、人差し指側は若干気になりました。しかしこれはライド中は不思議と気にならず、使っていくうちに慣れていきました。

フィット感と防寒性能

手首から中指先端まで17.5cm、掌幅8cmの筆者はサイズ「S」を購入しました。Santicの冬用グローブのサイズSがややキツめだったので悩んだのですが、このMorethan GVP-002はピタピタではなくちょうど良いフィット感。通常のサイズ感で選択して良いと思います。

フィット感は、tsutaさんがGVP-003について書かれている「普通。素晴らしく良いわけでもないが、とくに不快感は感じない」に同意です。ただ、指の付け根(指尖球と呼ばれるエリア)のクッションはやや膨らみが大きいです。ライド中にここが擦れるという感じは今のところないですが、大きめを買ってしまうと気になるところかもしれません(特にロングライドをする方)。

Morethan サイクリンググローブ 冬用 裏起毛 スマホー対応 イージータッチ GVP-002

保温性・防寒性については、パーム側がメッシュでない分Santicの冬用グローブ(レビュー)よりはだいぶ暖かいのですが、高強度ライドでも気温0〜3度ではさすがに指先が冷えてきます。裏起毛とは言っても控え目な起毛で、陽の当たらない林道や強風下では厳しいです。とはいえこの厚みのグローブとしては標準的な防寒・防風性能かなと思います。

Morethan サイクリンググローブ 冬用 裏起毛 スマホー対応 イージータッチ GVP-002

総合的には「過剰な期待をしなければ値段相応の納得感が得られる」グローブだと思います。人差し指のカバー部分がもう少しルースフィットだったら良かったのですが、これは私がジャストフィットサイズを選んでいるからかもしれません。とはいえ仮に私がサイズMを選んでいたらパーム側がだぶつきそうで、別の問題が発生しそうです。

高級感はSanticグローブに軍配が上がりますが、全体的な品質は合格点。人差し指と親指だけ外に出せれば大概のものは操作できるので、その点はやはり便利この上ないですね。デザインも垢抜けていて気に入っており、最近はサイクリング以外にハイキングでも使っています。2000円程度で買えるのなら安いと思います。

▼ より薄手のGVP-003はこちら。サイズはいずれもS, M, L, XLの4つあります。

▼ 好みが分かれるところですが、指を完全にフリーにしたいならバーミッツタイプのハンドルカバーを素手で使うのも良いですね。CXWXCの製品はかなり満足しています。

CXWXCのハンドルカバーは素手でも暖かいくらいだというのは本当か:本当でした
CXWXCのハンドルカバー(モデルCX-003R・ドロップハンドル用)を購入しました。使用はまだ1日ですが、極寒の今こそ導入を検討されている方も多いと思うので、ひとまず第一印象をご紹介します。結論から書くと、気温2度の強風下で40km程度使...

▼ Morethan製品についてはジャージもレビューしています。ご興味のある方はこちらも是非!

Morethanの防寒冬用メンズサイクルジャケットを試す:品質性能ともに合格でコスパ良し
着々と存在感を増している中華ウェアブランド・Morethan(モーゼン)の低価格冬用サイクルジャケット「WVP-008」を試しているので、初期使用感を書いてみます。メーカー的には0℃帯対応を謳っているモデルですが、果たして厳冬期でも使えるの...
【中華ウェア】Morethanの秋冬用ジャージとサイクルベストの実力は如何に
中華ブランドのウェアで最も人気なのはSanticと思われますが、最近はMorethan(モーゼン)というブランドも存在感を増しています。CBN Blog読者の方も結構買われているので、私も実際に2種類のウェアを購入してその実力を検証すること...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました