Kindle本 5冊購入で10%ポイント還元中
バッグ

デザインが一新されたROSWHEELの自転車用バッグを観察しよう

ROSWHEEL(ロスホイール・ロスウィールとも)というブランドの自転車バッグをご存知でしょうか。ROSWHEELブランドの製品自体は以前から流通しているのですが、元Raphaのデザイナーだった方がデザインを一新して再出発(?)したらしく、現行製品は以前と違いミニマルでおとなしめの雰囲気を纏っています。今日はこの新Roswheel製品を観察してみましょう。

Off-Road Seat Pack with Rack Medium

Off-Road Seat Pack with Rack Medium © roswheel.com

上は「オフロード」カテゴリーに属するラック付きシートパックのミディアムサイズ。MOLLEタイプのアタッチメントシステムで、何でも雑に拡張できそうなところが良いですね。

公式 Roswheel | Bags, Stories, Accessories

転生前の姿

その前に以前のROSWHEEL製品を少し見てみましょう(以前の、と言っても現在でもAmazonでは大量に売られており、ディスコンなのか併売なのかは不明)。大きいロゴが特徴的で、こちらは見たことのある方が多いのではないでしょうか(私は頭の中でROCKBROSとROSWHEELの区別が付いていなかった…)。

しかし新しいROSWHEEL製品を見ると、単にロゴデザインが違うだけでなく、設計を含めた製品そのものが全く変わったように見えます。逆に言うと名前以外は別物に思えるほど。次のセクションで眺めてみましょう。

現在のROSWHEEL

現在のROSWHEELバッグシリーズの一例です。「ツアー」と「ロード」と「オフロード」の3つのカテゴリーに分かれており、それぞれ丸いロゴの部分がシルバーか、ブラックか、ゴールドかで識別できます。下は「ツアー」カテゴリー(ロゴが白ですね)の20Lパニアバッグですが、落ち着いた雰囲気で様々なバイクに合わせやすそうですね。外側のポケットも便利そう。

Tour Pannier Small 20L (Pair)

Tour Pannier Small 20L (Pair) © roswheel.com

こちらは「ロード」カテゴリーのシートパック・スモール。ロゴがステルスデザインになっており、バッグ自体を目立たせたくないロード系ライダーの気持ちをよくわかっている感じですね。本体の基調色は「ツアー」と「オフロード」ではネイビーですが、「ロード」ではブラックです。

Road Seat Pack Small

Road Seat Pack Small © roswheel.com

下は「オフロード」カテゴリーのハンドルバーバッグ・ミディアム。ロゴがゴールドです。

Off-Road Handlebar Bag Medium

Off-Road Handlebar Bag Medium © roswheel.com

「オフロード」カテゴリーは「モダン・バイクパッキング」と呼ばれるような製品群で構成されており、パニアバッグはありません。「ツアー」カテゴリーは伝統的なツーリングバッグ群という感じで、クラシカルながらもシンプルなデザインのパニアバッグやトランクバッグ、ラック等が用意されています。他にフレームバッグやトップチューブバッグなど様々あります。

これらの新デザインのROSWHEELバッグはAmazonでもいくつか見かけますが、海外通販のProbikekitでも入手可能なようです。本記事時点ではかなり安くなっているように見えるので、気になった方はチェックしてみてはどうでしょうか。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました