サンワサプライのホイール収納ポケット付き初心者向け輪行袋がいい感じ

サンワサプライが先月に新しい輪行袋を出していたようです。厄介なことに製品名はただの「輪行袋」(笑)。一応「800-BYBAG002」という型番はあります。特徴はなんといっても前後ホイールを収納できるポケットがあるところ。使い方の動画もYouTubeにアップされています。

一般的な輪行袋と違って外したホイールをフレームに紐でくくりつける作業が発生しないので、輪行初心者の方や輪行って面倒だなと思っている方には良い製品だと思います。作業が簡単ということの他に、作業時間が早いこと、フレームとホイールの接触による傷が付きにくくなるメリットもあります。

輪行袋 800-BYBAG002 © サンワサプライ

そのトレードオフとして、重量はややかさみます。公称重量は外袋込みで472g。軽量輪行袋の定番製品であるオーストリッチのSL-100が外袋込みで260g台なので、200gほど重くなる計算です。個人的にはあまり気にならない重量増ですが、輪行先で利用する駅が行きも帰りも同じであれば、こうしたものは駅のロッカーに預けておくのも手です。

価格はサンワダイレクト価格で現在税込み¥5,980、送料無料。しかし不思議なことにamazonのほうが安くて、¥4,480送料無料と1,500円も安くなっています。直販のほうが高いというのが謎です。

オーストリッチの超軽量ではないもののそれなりに軽量な「L-100」が¥ 4,680ですから、それにぶつけてきた感じの製品かなと思います。

このサンワサプライの輪行袋、寸法は横110cm、縦80cm。幅は自転車のサイズに応じて19cm〜45cm。横置きですが、うまくやれば電車の中ではハンドル側を下にして縦にも置けそうです。

ちなみにオーストリッチのL-100はこれです。特に重くも軽くもない、普通の輪行袋の代表格。

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 超軽量型 [L-100] ブラック
オーストリッチ(OSTRICH) (2011-05-16)
売り上げランキング: 10,289

しかし縦置き型で一番人気と思われるのはオーストリッチのSL-100。上のL-100を軽量化したモデルで、長年にわたるベストセラー商品です。これ自体、慣れてしまえばそれほど扱いが難しい製品ではありませんが、初心者の方はサンワサプライのホイール収納ポケット付き横置き輪行袋に慣れたら、いつかSL-100にステップアップするのも良いでしょう。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 [SL-100] ブラック 091281
オーストリッチ(OSTRICH)
売り上げランキング: 13,770