ステレオマスクホルダーというものを使ったらマスクでの呼吸がより楽になった

つい先日、ジャージの素材で作られたパールイズミのマスクを紹介したばかりです。

パールイズミから面白いマスクが出ています(布マスク MSK-01)。素材はポリエステル100%で同社のジャージに使われている素材と同じだそう...

このマスク自体は肌触りも良くてなかなか良いものなのですが、息が荒い時に内側の生地が鼻の穴を塞いでしまうところが気になっていました。

するとTwitterのフォロワーさんからこんな便利ものがあるよ、と教えていただきました(ありがとうございます!)。「ステレオマスクホルダー」というものらしいです。というわけで早速ポチッてみました。

お値段は1,000円くらいでちょっと高いかなとも思ったのですが、ホルダーが5個も入っていました。シリコン製で洗って再利用できるのでそんなにたくさんいらないかなと思ったのですが、まぁマスク生活はあと1年や2年は続く可能性が高いのでたくさんあっても困ることはないでしょう。

ステレオマスクホルダー

最初、試しにパールイズミのマスクの表と裏のあいだの仕切りに入れてみました。すると入ることは入ったのですが、鼻呼吸するとやはり鼻穴が塞がれてしまって意味がありません。これは下のように、このシリコンホルダーが顔に当たるように設置するもののようです。

ステレオマスクホルダー

せっかくの祝日、このパールイズミマスク+マスクホルダーで東京都内をポタリングしました。ミニベロで軽く5kmほど走るつもりだったのですが、うっかり30kmほど走ってしまいました。本日の東京は最高気温が27度ほどでしたが、湿度は90%を超えていました。なのに「それほど走れた」のはこのマスクホルダーが役に立ったからです。

帰宅したら頭痛と吐き気がして死ぬかと思いましたけどね!

鼻と口のまわりに広い空間ができます。湿度が非常に高かったのでやはり汗で蒸れはしたのですが、「呼吸のしやすさ」という点では圧倒的な改善が感じられます。これからこのホルダーなしでのマスク運用は考えられないほどです。洗えばすぐきれいになるのもなかなか良いです。

ただこのホルダー、柔らかいので顔が痛くなることはないのですが、肌が敏感な方などはもしかすると汗でかぶれたりということもあるかもしれません。そのあたりは相性があるかもしれません。

昼間に「サイクリングに行くぞ!」という時はパールイズミのFA3 UVフェイスカバーで出かければ良いのですが、自転車で近所のスーパーに買物に行くとか、あとは夜に軽くポタリングに出る時などはフェイスカバーだとちょっと大げさだったりするんですよね。

日焼けを気にせず自転車に乗っているという方も少なくないかもしれません。私も20代の頃は日焼け止めさえ塗らずにガンガン外で乗っていました。そし...

そんな時はこのパールイズミマスク+マスクホルダーが活躍してくれそうです。ジムで筋トレする時など、屋内でのスポーツ活動にも良さそうです。あとはメイク崩れが気になったり、マスクに口紅を付けたくない女性にも需要があるようです。

不便な世の中になりましたが、この不便はこれから長く何年も続くでしょうから、少しでも快適な生活を送れるように必要な対策は行っていきたいですね。この夏だけ適当なマスクで凌いでおけば良かろう、来年はもうマスクは必要ない、ということには、残念ながらならないでしょう。

なお先日紹介したパールイズミのマスクですが、つい最近、より呼吸がしやすい夏用の新型がリリースされたそうです(型番はMSK-02)。ただしまだまだ流通量は少ないらしく、本記事執筆時点ではネットで買えるお店でも予約受付のみ。リアル自転車店では買えるところがちらほらある、という感じらしいです。そちらもはやく入手しやすくなると良いですね。

この記事を書いた人