【ツイート紹介】「どんな自転車バッグ使ってますか?」に寄せられた壮観そして壮絶な写真を愛でましょう

Twitterで「みなさんはどんなタイプのバッグをどんな時に使っていますか。また特定の製品でオススメなどありましたら是非教えて下さい!」とお聞きしたところ、本当にたくさんの方々から使用されているバッグのタイプやブランド、モデルを教えていただきました。どうもありがとうございます!

さらに多くの方がバッグを装着した素晴らしい愛車の写真を見せて下さったので、これは皆さんに共有せざるをえない! というわけで、頑張って1記事にまとめてみることにしました(本記事執筆時までにお寄せいただいた情報を可能な限り収集してみたつもりですが、もし漏れがありましたらご容赦下さい)。

言及数が多かったブランドを見てみよう

その前に今回リプライ中で言及されていたブランドを集計してみました。お一方のツイートの中で複数のブランドが挙げられていたケースも合算してあります(集計ミスはあると思うのでご容赦下さい)。するとこんな結果になりました。

ブランド 言及数合計
Ortlieb 8
APIDURA 7
Topeak 4
Fairweather 3
R250 2
モンベル 2
Suew 2
deuter 2
Tioga 1
RawLow mountain works 1
fizik 1
RIN PROJECT 1
Continental 1
Osprey 1
Rockbros 1
DOPPEELGANGER 1
Brompton 1
Carradice 1
MISSIONWORKSHOP 1
Blackburn 1
Shimano PRO 1
Gorix 1

代表性を持たせられるほどの定量データではないのですが、それでも個人的に上位ブランドはどんなアンケートを取ってもほぼ似たような結果に落ち着くのではないかと思いました。ナンバーワンはオルトリーブ。次いでバイクパッキングで同様に人気のアピデュラ。使いやすさで人気のトピーク。

私はFairweatherのことをあまり知らなかったので今回の結果はとても参考になりました。国内ブランドとしてはワールドサイクルがプロデュースするR250も5位入り。R250からはシートバッグをはじめ様々なバッグ・収納グッズがリリースされていて存在感もあるので納得の結果でした。

ORTLIEB

それではお待ちかね、皆さんの写真を一緒に愛でつつツイートを拝読してまいりましょう。まずはドイツの老舗オルトリーブから。同社製のサドルバッグはやはり大人気ですね。

APIDURA

今回APIDURAはあらためて人気があるな〜、と思いました。見て下さいこれらのAPIDURA愛!(各ツイートをクリックすると飛び先で大きい写真を見られます)。

TOPEAK

トピークはサドルバッグと大型のバックローダーが人気でした。他の方のツイートでもよく言及されています。

Fairweather

Fairweatherはどれもデザイン性が高く、すごくオシャレですね。国内ブランドでメイドインジャパン製品です。あとフレームバッグと膝の干渉についての貴重な情報もお寄せいただきました。Qファクターが狭い方は気を付けたほうが良いらしいです。

R250

R250のフロントバッグは天面ベルクロで使いやすいそうです。これは個人的にも気になります!

Suew

国内ブランド・ハンドメイドのSuewもバイクパッキング界で人気です。

Deuter

バックパック派はどちらかというと少数派ですが、やはり愛用されている方も。あとサドルバッグの「Deuterバイクバッグ」も良いものだそうです。私も何年も前にドイターの中型サドルバッグを使っていたことがありますが、生地の品質が良かった記憶があります。

TIOGA

TIOGAのこのステムバッグ、なかなか良さそうですね。わりと容量がありそうで私も試してみたいと思いました。

RawLow mountain works

RawLow mountain worksの変わり種バッグも。リュックにもなるというサドルバッグで、これも試してみたいですね。あと落ち着いた雰囲気で良いですね。

fizik

写真はないのですがfizikの00サドルバッグ、私も使っていたことがあります。割り切ったミニマルなものが欲しい場合はカッコ良いですよね!(超ミニマルなものとしては他にコンチネンタルのものが有名でしょうか)。

RIN PROJECT

国内ブランドRIN PROJECTのサドルバッグを乗鞍岳から。これもリュックのように使えるとのことで興味津々です。RIN PROJECTは東京下町台東区、浅草の近くにお店があります。

PRO

シマノPROもバイクパッキング関連製品が増えてきましたよね。コンパクトフレームバッグをご紹介いただきました。

GORIX

安くて土砂降りでも防水問題なし、というのはなかなかありがたい情報。GORIXとROCKBROSとR250はそれぞれ似たコンセプトの製品をぶつけあっている感じで、Amazonなどを見ているとどれを買ったら良いのか悩むことが多いのではないでしょうか。

その他

さてここからは特別編。まずは壮絶な投稿を2つご覧下さい。なんとオルトリーブのボストンバッグ!バイクパッキングに関するあらゆる悩みを一撃で解決してくれるような、大変勇気付けられる衝撃写真でした。

こちらの方も方向性は違えどやはり「どのバッグにしたら良いのだろう」という悩みから私達を解放してくれます。リツイートせざるをえない、するしかない破壊力のエクストリーム・バイクパッキングでした。

自転車に特化した製品以外を活用する手も。トレラン(トレイルランニング)やハイキング用の小型軽量リュックも検討の余地ありですね。

Bromptonの新作、背負えるフロントバッグは私も気になっています。

クラシックなサドルバッグ、キャラダイスを愛用されている方も。「にっぽん縦断 こころ旅」で火野正平氏が使われていたブランドで、クロモリの自転車にはよく似合います。

というわけで、皆様からお寄せいただいた写真と情報の共有でした。先にも書きましたが、ツイートをクリックするとより大きい写真を見られるので、時間のある時に是非ゆっくりと楽しんでみて下さい。

素晴らしい写真と情報をご共有いただいた皆様にあらためてお礼申し上げます。

関連記事:自転車用バッグはどれがいい? 10タイプのメリットとデメリットから自分に合ったものを探そう!

ロードバイクやクロスバイク、MTBといったスポーツタイプの自転車で荷物を運びたい場合、サドルの下に付ける小型のバッグからラックに載せる大型バ...
この記事を書いた人