よみもの

新しい自転車を買う時に罪悪感を覚えることはありますか? という質問に寄せられた答え

新しい自転車を買う時に罪悪感を覚えることはありますか? という質問を海外掲示板で見かけました。どんなコメントが寄せられているのか、観察してみましょう。

新車を買う時に罪悪感と格闘する人はいるでしょうか? 素敵な自転車に乗るだけの価値が自分にない、週のあいだに十分な距離を乗っていない、と感じたりしますか?

私はいま中古のCannondale CAAD12(2016年モデル)に乗っていますが、SuperSixの新車が欲しいのです。そのために過去4ヶ月ほど貯金してきたのですが、こんな素晴らしい新車を買って良いものかどうか悩んでいます。こういう経験をしたことはありますか?

出典 Cycling Guilt

自分自身への投資なら恐れない

  • ねえよ
  • ない。一度もない。その自転車を買え。新車の写真を貼れ
  • 妻と私は、それが自分をより幸福かつ健康的(happier AND healthier)にするのであれば、何でも買って良いと家庭内で取り決めています。買え。乗るたびにスマイルしなさい
  • (上の人に)私も妻と同じような取り決めをしていますが、そのために借金はしないと決めています
  • 富(wealth)はいつも健康(health)と交換しなさい
  • 私には趣味が4つある。自転車、モーターサイクル、スキー、ギター。どれも安い趣味ではない。しかしそれよりも、過去20年にわたってアルコールや薬物の中毒だったことのほうが高価だった。そのせいで、心や身体の健康に良い活動に参加する意欲が失われていった。破産するほどお金を使ってはいけないが、自分自身に投資することを恐れてもいけない。私のバイクはTrek Fx3だ。たまに街乗りするだけなので買っていいものかどうか悩んだけれど、乗るたびに微笑んでしまうし、良いお金の使い方をしたと思う
  • (上の人に)私がDomane SL6を買った時も同じことを考えた。カーボンフレームは7〜10年持つといわれた。これまで無駄に使ってきたお金と時間を考えれば、その自転車の値段はタダ同然だった。この買物は控えめに言って私の健康を損なっていないし、むしろ向上させている
  • 3つ質問しようか。毎月の支払いはできているか? 家族を養えているか? 家族の頭の上にはちゃんとした屋根があるか? 全部イエスなら自転車を買って幸せになりなさい。ひとつでもノーがあるなら、まずその問題を解決しなさい。そして自転車を買え
  • 買ってもあまり乗らないな、と思うなら買わないほうがいい。買ったけど使わずに埃がたまっていくと罪悪感はひどくなる。眺めたり、たまに磨きたいだけであれば、それは罪悪感なしに是非楽しんでくれ
  • 自転車産業というのはとどのつまり… 産業だ。マーケティングやこういう掲示板は、最新で最高のものを買わないといけない、と思い込ませようとする。しかしロードバイクについて言えば、過去10年間での変化は信じられないほどミニマムだし、2016年以降の大部分のバイクはモダンバイクに引けを取らない性能がある。まぁ俺のガレージは素敵な自転車だらけなんだけどね

私自身は「あんた何言ってんだ、あるわけないだろ!」と心の中で即答したのですが、買う直前まで「本当にそれが欲しいのか・それでなくてはならないのか・予算は十分なのか・いま買うべきなのか」等々、悩む(というか吟味する)ことはあります。しかし「自分なんかにそれはふさわしいのだろうか…」という「罪悪感」を持つことは全くないです。皆さんはどうでしょうか。

しかし最近のハイエンド・ロードバイク完成車などは100万円超えは当たり前になっているので、自分はこんなにすごい自転車を買ってもいいのだろうか、と悩むことは以前よりも増えてきているのでしょうか。桁が違ってきているので、俺は何かおかしなことをしていないだろうか、とふと思ったりするのでしょうか。

寄せられたコメントの中で個人的にいちばん共感したのは「自分自身への投資になるのならお金を使うことを恐れてはいけない」というもの。それを買うことによって自分がより幸福に、より健康的になっている姿を思い浮かべられるなら、買っても全然問題ない、というかむしろ買うべきではないかと思います(借金がなく、予算があるなら)。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました