【本日終了】AmazonでFashionタイムセール祭り開催中です!
よみもの

その自転車いくらするの? という面倒な質問をされた時に使える便利な「返し」【お前より高い】

CBN BlogはAmazonアソシエイトとして適格販売により紹介料を得て、良質なコンテンツの作成とサイト運営のために役立てています。当サイト内のリンク経由で Amazonにてお買い物 していただくと、大変助かります。ご支援ありがとうございます

そのロードバイクいくらですか? 高いんですか? などと質問されたことのある方は多いと思います。質問している人が自転車に詳しくない友達であっても、友達まではいかない知人であっても、道端で会った知らない人であっても、どんな金額を伝えても下のように場が微妙に凍りつくことが多いような気がします。

「100万くらいです」→「…」(知らないおじさんの顔から笑顔が消える)
「50万くらいかな」→「ええーッ!?」
「20万くらいだったかな…」→「へぇー…いい値段するもんだね…」

road bike

Photo by Pavel Danilyuk

一般的に、旧知の仲でない人にその人の所有物の値段を聞くのは品の良いことではないと思いますが、カッコいいスポーツ自転車を前にして「悪気のない好奇心」から聞いてくる方も多いと思います。しかし、そんな時にどんな回答をするのがベストなのでしょうか。海外掲示板での議論からご紹介します。以下、スレ主さんによる質問。

あなたの自転車はどのくらい価値があるのですか、といつも質問されるのですが、いくらなのかはあまり言いたくありません。どう答えるのがベストでしょうか?

出典 What to answer when people ask how much is your bike worth

以下、寄せられたコメントから毒のある冗談、まじめな回答、様々なものをランダムにピックアップしてみました(抄訳)。まじめに受け取ってはいけないネタコメントを多く含むので念のためご注意。

  • 「あなたはうちの奥さんが送り込んだ人ですか?」(474いいね)
  • 「あれは辛い思い出でした」(1いいね)
  • 「払ったお金だけの価値があります」「お店から走り出してきた時よりは価値はずっと減りました(※それだけ乗ったということ)」「保険をかける価値はあります」(136いいね)
  • 控えめな見積もりを言うか、しばらく乗っているからわかりません、と答えます(49いいね)
  • 「盗んだら重罪になるくらいの価値があります」(160いいね)
  • 私はいつも本当の金額をいいます。今日までだとkmあたりXユーロ。いまのところ0.39ユーロです(月に一度走行距離を調べて再計算します)(90いいね)
  • (上の人に)おもしろい算出法ですね、最初の頃はめっちゃ高かったように聞こえるでしょうけど!(38いいね)
  • 私は高校教師で、たまに学校に自転車を持っていきます。生徒たちはいつもそれを聞いてくるのですが、私の答えは「お前らの命より価値があるんだ!! だから触るな!」です(143いいね)
  • 私も教師です。私は外のバイクラックには施錠せず、オフィスに入れておきます。子供たちにその質問をされたら、私がそうしていることだけを説明し、それ以外は何も言いません(18いいね)
  • 私の父が私の妻に、私の自転車の値段を聞きました。妻は父に、私が持っている高価なものの値段は聞かないと答えました。私も妻に、彼女が持っている高価なものの値段は聞きません。これで私達はうまくいっています!(56いいね)
  • 「君には買えないような値段さ、マイフレンド!」(51いいね)
  • 「わからないですね。贈り物だったんです」(32いいね)
  • 「自分で認められる以上の値段でした」(1いいね)
  • 月額たったの300ドルです!」(1いいね)
  • 「自転車にかけるお金はこのくらいだろう、とかつて考えていた以上の金額です」(1いいね)
  • 「私にとってはプライスレスです。保険会社は400ポンドくらいって言うだろうけど」(1いいね)
  • 「セラピーよりも安いですよ」(1いいね)

近年のスポーツ自転車の値上がりのせいでこういう質問にはさらに回答しにくい状況になっていると思うので、必要な時にはお好みの返しをご利用ください。ちなみにリンク先のスレッドでも言われていますが、海外で全く知らない人に値段を聞かれたら、正確な価値は答えないほうが無難です(強盗・盗難のリスクがあるため)。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました