Amazon ブラックフライデーセール開始!

タイヤ・チューブ

タイヤ・チューブ

スポーツ自転車用インナーチューブの選び方

チューブを入れるタイプのタイヤ(「チューブド・クリンチャー」または単に「チューブド」や「クリンチャ」ーとも呼ばれる)用に、様々なメーカーからインナーチューブが発売されています。しかし製品が多すぎてどれをどういう考え方で選んだら良いのかよくわ...
Tips & How-to

シーラントメーカー各社の推奨使用量まとめ(Stans, Schwalbe, WTB, Finish Line)

チューブレスレディタイヤに入れるシーラントの適量はどのくらいなのか? メーカー各社が公開しているデータをまとめて観察してみましょう。対象ブランドはStans, Schwalbe, WTB, Finish Lineの4つです。 Stan...
2021.10.28
タイヤ・チューブ

Panaracer GravelKing SS TLC スキルなしおじさんのグラベルライドを支える高品質チューブレスタイヤ

Panaracer GravelKing(グラベルキング) SS TLCのミニ使用感です。「SS」は「セミスリック」の意、「TLC」は「チューブレスコンパチブル」の意。スリックの軽快な転がりを維持しつつオフロードにも対応するチューブレス・レ...
2021.10.28
タイヤ・チューブ

Continentalが「Grand Prix 5000 S TR」ロードチューブレスタイヤを正式発表

コンチネンタルから新型ロードチューブレスタイヤ「GRAND PRIX 5000 S TR」が正式発表されました。先日のパリ=ルーベ2021で数多くのチームが実戦で使用し話題になっていました。予想通りフックレスリム対応になっている点が最大の注...
タイヤ・チューブ

コンチネンタルの新タイヤ「GP5000 S TR」がパリ=ルーベに実戦投入 同社初のフックレス対応チューブレスの可能性あり

Continental Grand Prix 5000 S TRはその後正式発表されました。スペック詳細等は下のリンク先の記事で紹介してあります (以下、製品発表前の記事) コンチネンタルの新型チューブレスタイヤがパリ=...
2021.10.06
タイヤ・チューブ

AMERICAN CLASSICがタイヤブランドとして再起 近日中にホイールも復活か

経営難から2018年に台湾工場を閉鎖し、知的財産を売却するとともに多くの社員を解雇せざるをえなくなったAMERICAN CLASSIC(アメリカンクラシック)がタイヤブランドとして再始動しました。CyclingTipsが伝えています。 ...
タイヤ・チューブ

Panaracer GravelKing 2022年モデルで複数の新サイズを追加

Eurobike 2022でPanaracerがGravelKing 2022年モデルを展示していたようです。複数の新サイズが追加されています。 出典 Roundup: New road, gravel & MTB tires...
Tips & How-to

【0円ハック】チューブレスタイヤのビードが上がらない時に試してみる価値があること

チューブレスタイヤのビードが上がらなくて困ったことのある方は多いと思います。一般的なフロアポンプでビードが上がればラッキーですが、普通はチューブレス対応のポンプ(エアを一度本体に充填してから一気に放出させるタイプの製品)を使います。しかし、...
2021.10.28
Tips & How-to

Panaracer GravelKingのラインナップがわかりにくいので自分用に整理してみた

グラベルバイクで新しいタイヤを試そうとPanaracer GravelKingを物色していたのですが、ぱっと見た感じ自分が探しているモデルを見つけるのが難しく感じられました。 例えば「グラベルキングで幅は少なくとも38mm以上...
2021.10.28
タイヤ・チューブ

FINISH LINEがラテックス配合のシーラント新製品を発表 事実上の敗北宣言か

FINISH LINEがシーラント新製品「FiberLink™ Tubeless Sealant」を発表しています(画像下)。最大の特徴は「ラテックスが配合されている」ことです(詳しくは後述します)。 公式 Fi...
タイヤ・チューブ

Schwalbe G-ONE Rは泥捌けとトラクションが素晴らしい高速タイヤ

独Schwalbeが先日発表したばかりのレース志向グラベルタイヤ「G-ONE R」について、英国のroad.ccと米国のBikerumorがファーストインプレッションを公開しているので、それぞれの要点をまとめてみました。 関連...
タイヤ・チューブ

Tubolitoが新作「X-TUBO CITY/TOUR」を発表 釘でパンクしても1年間は保証付き

Tubolitoが同社のサーモプラスチック・ポリウレタン(TPU)チューブシリーズに新製品「X-TUBO CITY/TOUR」を追加しました。街乗り・ツーリングを想定した「パンクに強い」とされるモデルですが、宣伝内容が超強力です。まずは下の...
タイヤ・チューブ

SchwalbeがグラベルタイヤG-ONEシリーズにレース志向の新モデル「G-ONE R」を追加

Schwalbeがグラベル用タイヤ「G-ONE」シリーズに新モデル「G-ONE R」を追加しました。元「Dirty Kanza」という名称だったグラベルレースの「Unbound Gravel」に合わせて発表しただけあって(名称変更の経緯はこ...
タイヤ・チューブ

PirelliがSmarTUBEを発表 サーモプラスチック・ポリウレタンチューブ戦争が激化する?

Pirelliがサーモプラスチック・ポリウレタン(TPU)素材のチューブ「SmarTUBE」を発表しました。TPUチューブはTubolitoの登場で大きく注目され、昨年秋にはSchwalbeもリムブレーキ対応版の「Aerothan」を発表し...
タイヤ・チューブ

VittoriaからAir-Liner Roadが登場 高圧でシュッと縮んでパンク時にブワッと膨らむ

Vittoriaがタイヤインサートの「Air-Liner Road」を発表しました。これまでにMTB用・グラベル用製品が同社から発売されていますが、ロード用はサイズ以外に何か違っているのでしょうか。Bikerumorが詳しくレビューしていま...
タイヤ・チューブ

Bora HansgroheとDeceuninck-QuickStepは今後すべてのレースでチューブド・クリンチャーのみを使おうとしている?

ロードレース関連の情報ですが、非競技系のサイクリストにとっても気になる話題を見かけました。ワールドツアーチームのBora HansgroheとDeceuninck-QuickStepが今年中に全てのレースで「チューブラータイヤの使用をやめる...
タイヤ・チューブ

René Herse Fleecer Ridge TC 700×55はノイズキャンセリングが特徴のグラベルタイヤ

René Herse Cycles(旧Compass Cycles)のグラベルバイク用タイヤ、Fleecer Ridge TC 700C x 55(29″ x 2.2″)。2021年のDesign and Innovations Award...
タイヤ・チューブ

Vittoriaがタイヤインサート「Air-Liner」のグラベル版を発表 空気ゼロでも1時間のライドが可能に

Vittoriaがグラベルホイールのサイズに最適化されたタイヤインサート「Air-Liner(エアライナー)」を発表しました。台形の緑色をした発泡体(EVAフォーム)をタイヤの内側にハメることで、適正な空気圧下でのタイヤ性能を改善するだけで...
タイヤ・チューブ

最安のブチル・最速のラテックス・バランスのポリウレタン【自転車チューブの性能】

Tubolitoやシュワルベの「Aerothan」をはじめ、ポリウレタン素材チューブの存在感が増してきていますが、超軽量ブチル、ラテックスそしてポリウレタンの中でどれがいちばん転がり抵抗が少ないのか? そして転がり抵抗以外に考慮すべき点は何...
タイヤ・チューブ

シュワルベの超軽量チューブ「Aerothan」がリムブレーキ対応になって登場 ライバルはTubolito?

シュワルベが2015年に発表し話題になっていた超軽量チューブ「Aerothan(エアロザン)」がこの度バージョンアップされ、リムブレーキ対応になったそうです。完全にTubolito対抗の製品ですが、果たしてその実力は!? 参考 Sch...
タイトルとURLをコピーしました