Kindle本最大70%OFF(28日まで)
ハンドル

KCNC EVA ロックオン グリップを試す

5.0

超軽量パーツ群で有名なKCNCの「EVA ロックオン グリップ」を買ってみました。きっかけはフラットバーの自転車につけていた安価な中華ブランドのグリップ。ロックリングのない超軽量モデルですが、使ううちにどんどん内側に入っていくようになってしまいました。

ロックなしのグリップ

さらにお気に入りのバーエンドプラグ(別ブランド)も走行中に落ちてしまいました。プラグは手元に山程あるので好きなものをまた入れれば良いのですが、グリップ自体がズレないロックオンタイプのグリップに換装することにしました。

プラグがない状態だと転倒時にハンドルバーが身体に食い込んで刺さることがあるのでやめたほうが良いです(海外でそういう事故事例を見たことがあります)

というわけで手に入れたのが「KCNC EVA ロックオン グリップ」。KCNCにはロックオンタイプでないグリップもあり、前に使っていたことがあります。軽量で握りやすくて、すごくいいものです。ただ今回はロックオンタイプを試してみたかったのだった…

KCNC EVA ロックオン グリップ

グリップ本体は同社のロックリングなしのタイプと似ています(同じかもしれない)。六角形の半分だけまるくなっているような不思議な形状で、この妙な段差が意外に疲れず、グリップも良いです。かなり考えられているな、という感じです。

KCNC EVA ロックオン グリップ

このグリップ、左右の区別があります。理由は不明ですが、たぶんKCNCのロゴの位置の見え方とボルトが締めやすい角度に来るかどうかではないかと推測します。好きなように使って問題ないでしょう。

KCNC EVA ロックオン グリップ

体重測定。ロックリングと付属のエンドプラグ込みでペア52gでした。これまで使っていたロックリングなしの中華グリップは24gでした。

KCNC EVA ロックオン グリップ

早速ハンドルに入れてみます。と、ここで問題というか、ある特徴に気付きます。ロックリングを装着する側には切れ込みのあるプラスチックが露出していて、この径がややきつめ。ハンドルに押し込んでいくと少し広がって入っていきます。これならゆるみにくいでしょう。気が効いています。

KCNC EVA ロックオン グリップ

上の写真はKCNCのロゴが真上に来るようにセットしています。この場合、てのひらのまんなかから指の第二関節あたりまでが平面になり、てのひらの下〜親指にかけてまるい部分があたります。好みにあわせて位置を調整するのが良いでしょう。私はこのままでOK。

KCNC EVA ロックオン グリップ

このグリップ、ネットで画像検索するとロックリングを外側にして使っている方も結構いるようなのですが、少なくともうちのハンドルにはそのように装着するのは無理です。グリップの非ロックリング側はもっとずっと狭く、ハンドルにまったく入っていきません。

好きな方向にセットすれば良いと思いますが、MTBのシングルロックオングリップは内側に来るものが多い気がします。

さてこのグリップ、十分に軽量だし、形状も工夫があって良いし、クッション性もなかなかのもの。そしてただの滑り止めを期待したロックリングも質感が良く、モノとしての魅力があります。

グリップの色は4つあって、ロックリングの色は6つあるようです。いつでも好きな組み合わせを買えるとは限らないので、グリップとロックリングを別売してくれたらありがたいですね。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました